7月24日礼拝「主はわが力なり」

詩篇NO18「主はわが力なり18篇1~8節

                        仁井田義政牧師 

 この詩は、表題に記されているように、ダビデが敵とサウル王に命を狙われていた時の歌であることが分かります。ダビデの生涯の前半は、毎日が戦いの日々でした。今、戦争下にあるウクライナの市民のように、毎日、死の危険に身をさらして生きなければならない状況でした。そのダビデの姿勢が

1節の「主はわが力」に記されています。

★ダビデは、困難な時にいつも「主を慕い」祈りました。「慕う」と言う言葉は、非常に強い言葉です。それは、通常、神様の強い愛を現わす「ラハーム」というヘブル語だからです。ダビデはその言葉を用いて、困難に遭って祈る自分の信仰の姿を「慕う」という語で現わしたのです。

★困難の中でダビデが祈ると、「神様がこうして下さった」という体験が与えられました。それは神様が巨大な巌のように、敵の矢から身を守る砦のように、あるいは盾となって守って下さったという体験です。つまりダビデは敵の攻撃により死を予感し、主に祈ったのです。

★その祈りは、「主を呼び求め」「叫んだ」というものでした。それは必死な祈りでした。ダビデは、「主はその宮で私の声を聞かれた」という体験をしました。ダビデは、その祈りに神様が「主は、天を押し曲げて降りて」救いに来られたと言っています。「天を押し曲げて」という意味は、どのようなことなのでしょうか。それは、絶対的聖であられる神様が、私の祈りにその常識を押し曲げて来て下さったということです。

★その究極的な神様の降臨は、イエスキリストによってはっきりと歴史の中に刻まれました。それは、地球歴史上最大の出来事でした。その為に歴史は二分されました。キリスト誕生以前BCと、キリスト誕生以後ADです。イエスキリストは、罪人を救うために天を押し曲げて人間の世界に誕生して下さったのです。そして私達を罪から救うために、ご自分の命さえ十字架の上で与えて下さったのです。それ程までに私達を愛して下さっている神様は、私達が助けを求め祈る時、その祈りを聞いて下さるのです。「それゆえ、主よ。私は国々の中で、あなたをほめたたえ、あなたの御名をほめ歌います。」とダビデは賛美しました。主は、主を信じて祈る人の祈りを聞いて下さいます。そのことを信じて祈りましょう。

7月17日礼拝「主は瞳を守るように」

詩篇NO17「主は瞳を守るように」17篇6~13節

                     仁井田義政 牧師

ダビデは戦いの人でしたので、窮地に陥ることも度々ありました。今日の詩篇は、そのような窮地の中の祈りです。
★詩篇17篇を概略しますと、1~5節までは「自分は神様の前に正しい」ことを、祈りの中で訴えています。6~9節までは「神様に、私を守って下さい」との祈りです。10~14節までは「敵がいかに豊かで強い力を持っているか」を、神様に訴えています。

★ダビデ軍の陣地が取り囲まれて逃げる道もなく、八方ふさがりの状態です。しかも、敵は力強く待ち伏せしているライオンのようだと言っています。13節の「主よ立ち上がって下さい」は、もう神様による奇跡的な救出以外に、助かる見込みがない状態であることを現わしています。

★その祈りに、神様は「瞳を守るように私を守る」方であると言っています。目は体の中の小さな器官ですが、眉毛で守られ、瞼で守られ、いつも清潔に保つために涙で洗われ守られているのです。またその目を洗った後の汚れた涙が、目の中に残ったままで細菌が繁殖したりしないように、涙の排管まで配置されているのです。また、神様は「親鳥が雛鳥をかくまうように」安全な御翼の陰にかくまって下さっているのです。

★ダビデは、「あなたの奇しい恵みをお示しください」(7節)と祈っています。神様は、神様の愛を信じて祈る私達の祈りを聞いて下さる御方です。ですからダビデは、続いて「右の手に来るものを救う方」と信仰の宣言をしているのです。神様を信頼し祈る人は、全能者なる神の御業に触れるのです。

★私達の人生にも、幾度か八方ふさがりに感じる状況があります。あなたが今そのような中におられるかも知れません。しかもあなたが、飛び掛かろうとしているライオンに譬えられているような恐怖の中にあっても、神様は祈るあなたを必ず守って下さるのです。「自分の瞳を守るように」「翼の中にひな鳥を守るように」です。ダビデは結論で、「しかし私は・・御顔を仰ぎ見、目覚める時、あなたの御姿に満ち足りるでしょう」と言っています。神様は祈る人を必ず守って下さいます。

私達も、私達を愛して下さっている神様を信じ、神様を愛し、どんな時にも祈る人になりましょう。

7月10日礼拝「私は私の前に主を置く」

詩篇NO16「私は私の前に主を置く」16篇6~9節

                      仁井田義政 牧師

聖書から真理を見出すことは、宝物を発見するように心がワクワクしてきます。今日は詩篇16篇を通して、ダビデの信仰の秘訣を見ていきましょう。

★ダビデには、困難がなかったわけではありません。私達と同じように、いやそれ以上にありました。彼は、ひとりの少年羊飼いから、神様に選ばれて王様にまでなった人です。その人生は、波乱万丈でした。ダビデは、人生の中で神様の助けを求めてよく祈りました。その祈りが詩篇なのです。その信仰姿勢は「あなたこそ私の主、私の幸せはあなたの他にありません」という言葉に現わされています。

★ダビデは「主は、私へのゆずりの地所です」と言いました。この言葉は5~6節に出て来ます。それは「相続財産」という意味です。ダビデは王様ですから、イスラエル全土の主権者で、外国の王達も多くの貢物を持って来ました。しかし、ダビデは神様に「あなたこそ、私の大切な財産です」と、信仰の告白をしているのです。

★そのダビデの信仰と祝福の秘訣は、8節の「私はいつも、私の前に主を置いた」という言葉にあります。それは「私は優先して主に従っていく」という意味です。人間はいつも自分を優先して、神を後ろにおいてしまいやすいのです。神様を下に置いて、(しもべ)のように利用しようとします。また脇において、自分と同じような人間として扱うようなこともあります。さらには上の天国に追いやって、自分の生活には関係がないかのようにしてしまうのです。ダビデは「私はいつも、私の前に主を置いた」と、信仰者としての秘訣を記したのです。その信仰の結果、8~11節の「私は揺るぐことがない」「私の心は喜び」「私の魂は楽しんでいる」「私の身もまた安らかに住まおう」と確信し、感謝しているのです。

★ダビデが「主を自分の前に置く」ことによって、神様は10~11節にあるように、命の道を知らせて下さるのです。その生き方には「喜びと楽しみが」あります。この16篇の詩篇は、ペンテコステの日、つまり教会設立の日に、聖霊に満たされたペテロが、教会初の説教の中で引用しました。私達も、いつも自分の前に主を置くクリスチャンとなりましょう。

7月3日礼拝「礼拝者への神の祝福」

詩篇NO15 「礼拝者への神の祝福」 15篇1~5節

                      仁井田義政 牧師

この詩篇は、礼拝者の詩篇と言われています。ダビデの時代に、エルサレムの幕屋に礼拝に来た人が、幕屋に入る前に「主よ、どのような人が、神の幕屋に入って礼拝するにふさわしいですか」と、大きな声で問うのが習わしとなっていました。すると天幕の中から、祭司の声が「礼拝者にふさわしい人は、このような人ですよ」と、礼拝者にとって大切な言葉が答えとして返ってきました。それが詩篇15篇なのです。私達も、どのような人が礼拝者としてふさわしいかを見ていきましょう。
★1節に「幕屋に宿る」という言葉が出てきます。それは、砂漠に住む人々が、住居(天幕)に訪れた旅人を徹底してもてなしたことに起因します。そうしないと、旅人が砂漠地帯で死んでしまう危険性があったからです。それは自分達も、砂漠の旅や仕事で天幕に寄った時に、同じようにして頂かないと死んでしまうからです。神様は、イスラエルの人々が出エジプトの荒野での40年間、神の幕屋で祈る人達を徹底してもてなして下さいました。

★幕屋の入口で、礼拝者が「どのような人が神様の天幕に入る人としてふさわしいですか」と呼びかけると、天幕の中から「それは、正しく歩み…嘘のない人。信仰の仲間に対してそしらず、敵意を持たない人…です」という声が聞こえてきました。

★それでは、このような罪のない完璧な人しか神の家の幕屋(教会)で礼拝が出来ないのでしょうか。幕屋に入ると、幕屋の庭に直ぐに祭壇ありました。その祭壇で犠牲を捧げ、罪の赦しをお願いしたのです。つまり、罪の赦しを受けて礼拝したのです。新約時代になりますと、イエス様が私達の罪の為に十字架に犠牲として捧げられました。そのことによって、私達は神の幕屋、「教会」で礼拝を捧げ、神様の祝福を受けることが出来るのです。

★砂漠で生活していた人々が、自分の住まいである幕屋を訪れた人を徹底してもてなし、料理を振る舞ったように、神の幕屋「教会」に、礼拝に来る人達を、神様は徹底して恵みと祝福でもてなして下さるのです。礼拝する人には、神様の祝福が豊かに注がれます。そのことを信じて、15篇の巡礼者のように礼拝を大切にし、集いましょう。

6月26日「愚か者の愚かさ」

詩篇NO14 「愚か者の愚かさ」14篇1~7節

         仁井田義政 牧師

 今日の御言には、神様の目から見た愚かさが書かれています。本当の愚かさは「神はいない」と言うことだとはっきりと言っています。

★神がいないとすれば、私達の生まれるのも死ぬのも、偶然の出来事になってしまいます。なぜなら私達は、自分の意志で生まれたのでもなく、自分の意志で死ぬのでもないからです。初めと終わりが偶然なのに、どうしてその真ん中の人生に意味があるでしょうか。刹那的で不安な人生となってしまうのです。

★「心の中で神はいないと言っている」とは、神を信じていると言っている人でも「心の中で神はいないと言っている」という意味です。そのようなことは可能なのでしょうか。それは可能です。イエス様はパリサイ人・律法学者達を「白く塗った墓」と叱責されました。彼らは「私達は誰よりも神を信じている」と公言する人達でした。ですからクリスチャンも気をつけなければなりません。

★4~5節は、出エジプト記にあるイスラエルの奴隷の姿を背景にしていると言われています。そこには、神の民を奴隷として食い物にしていたエジプトのパロ王がいました。彼は、力こそ善だと神の民を奴隷として支配したのです。しかし、神は正しい人(真の神を信じる人)と共にいて下さいました。エジプトの王は「神はいない」と言っていましたが、主が神様を信じるヘブル人の「避けどころ」であったのです。

★今日の詩篇で、ダビデは回復の時を祈りました。それは真の神への信仰の回復です。シオンはエルサレムのことです。そしてこの祈りの通り、キリストの救いはエルサレムから始まったのです。そして今、私達の所まで伝えられ、私達は今まで「神はいない」と言っていた愚かな生活に終止符を打ってクリスチャンになったのです。私達は、偶然に生まれて来たのではありません。また死ぬのも、何の目的もなく死ぬのではありません。天国に迎えられるために死ぬのです。生まれるのも、生きるのも、そうして死ぬのも、神様の愛が満ちているという人生に変えられたのです。そのことに感謝して、心から主の御名をほめたたえ、讃美しましょう。

6月19日礼拝「神の沈黙と祈り」

詩篇NO13「神の沈黙と祈り」13篇1~6節

         仁井田義政 牧師

 今日の詩篇13篇は、ダビデの孤独の祈りです。祈っても、祈っても、神の祈りに答えがないのです。しかもダビデは、いま重い病気にかかっていて、死ぬかもしれないと思っているのです。神様は私を捨て去られたのだろうか。神様は私を忘れてしまわれたのだろうかと、深い孤独がダビデを包み込みました。私達もクリスチャンとして生きてゆく中で、誰でも一度や二度はそのような体験するものです。今日のダビデの体験を自分のこととし、そのような時にうろたえることのないようにしておきましょう。

★ダビデは「主よ、いつ迄ですか」と祈っています。それはいつまで祈れば良いのですかという質問です。この詩の中には、「一日中悲しみがある」とも記されています。おそらく祈り始めてから数日は経っていたと思います。いや数か月かも知れません。それなのに神様は一向に祈りに答えて下さらない。その中で「あなたは私を永久にお忘れになるのですか」と祈っています。ダビデは、祈っても癒されない病気のゆえに孤独でした。

★それでもダビデは「私に目を注ぎ、私に答えて下さい」と祈っています。「目を注ぎ」は、「あなたの祈る姿を私は見ているよ」という神様の確証のことです。「答えて下さい」は、神様の声として「私は祈りを聞いた。私は必ず癒す」との言葉のことです。しかし神様は沈黙し、見て下さっているのか、聞いて下さっているのか全く分からないので、ダビデは孤独でした。

★祈っても、祈っても、神様はダビデの祈りに沈黙しています。それなのに5節を境に「私は、あなたの恵みにより頼みました」と、突然信仰と喜びと賛美に満たされます。それは、ダビデの気付きにありました。その気付きとは「私は、あなたの恵みにより頼みます」という言葉に現わされています。ここでの「恵み」とは、神様の約束、つまり「契約」のことを意味しています。ダビデは、たとえ神様の声が聞こえなくても、何ひとつ変わることなく、私には神様との契約があるという信仰です。

★ダビデの時代には、神様との契約、モーセの律法がありました。私達の時代には、完成した旧約聖書と新約聖書があります。ダビデは絶望的な中の祈りで、さらに強い信仰に到達したのです。私達もいつも変わることのない神様との契約があると告白し、逆境に強いクリスチャンになりましょう。

6月12日礼拝「主の御言に混じりけなし」

詩篇NO12「主の御言に混じりけなし」12篇1~8節

         仁井田義政 牧師

メールを開きますと、迷惑メールが多くその内容は詐偽です。また訪ねてくる人の中にも、「屋根の一部が壊れているので、修理させて下さい。」等と嘘をつく人もいました。今日の御言は、そのような嘘の多い時代をどのように生きて行けば良いかを教えています。

★「主よ、救って下さい」で始まるこの詩篇は、ダビデの祈りです。ダビデは、「聖徒も誠実な人も一人もいなくなってしまった」と訴えています。それは、神様を信じている人がいなくなったという意味です。ダビデはそう感じたのです。つまり社会倫理、道徳の堕落してしまっている世の中を嘆き、祈っているのです。

★うそ、へつらい、二心、傲慢な言葉が氾濫する中で、主の御言は唯一混じりけのない言葉です。現代は、嘘の言葉が氾濫している時代です。その中でも、祈る人の為に主は立ち上がり救われるというのです。どのようにしてでしょうか。それは、「純粋な、主のみことば」によってです。6節に「炉で7回もためされた」完全純粋な御言ですと記しています。 

★ダビデは祈りの中で、どんなに社会の状況が悪化しても、神様の真実な御言が諸悪から守って下さると確信するのです。世の中や自分の環境を、悪くなったと嘆くだけの人となってはなりません。たとえどのような劣悪な状況にあっても、神様は御言を信じ祈る人を、必ず守って下さるのです。

★第二テモテ3章1~5節に「終わりの日には自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、不遜な者、神をけがす者、両親に従わない者、感謝することを知らない者、汚れた者になり、 情け知らずの者、和解しない者、そしる者、節制のない者、粗暴な者、善を好まない者になり、  裏切る者、向こう見ずな者、慢心する者、神よりも快楽を愛する者になり、見えるところは敬虔であっても、その実を否定する者になるからです」と記されています。

今がその時代です。そのような時代から守られるために、混じりけのない、完全な御言を信じて、実行しましょう。神様はそのようなあなたを必ず守って下さいます。

6月5日ペンテコステ礼拝「キリストの力」

ペンテコステ礼拝「キリストの力」使徒1章3~9節

         仁井田義政 牧師

 今日はペンテコステの日です。それは、旧約時代からのイスラエルの祭です。「ペンテコステ」の意味は、五十日目という意味です。何から五十日目なのかと言いますと、「過越しの祭」から数えてです。過越しの祭も旧約時代からのイスラエルの祭りで、イエス様が十字架につかれましたのも過越しの祭の時でした。ですから、イエス様の十字架から数えても、およそ五十日目と言うことになります。

★イエス様が天に帰って行かれた後に、弟子達のしたことは、教会組織の立て直しでした。ユダがいなくなり、一人弟子が欠けていたからです。くじ引きでマッテヤが選ばれました。使徒1章26節に記されています。これで教会組織は完全に整えられたように見えました。しかしイエス様が言われたことは、組織を整えることではなく、聖霊による洗礼を受けることでした。

★聖霊のバプテスマ(洗礼)には、イエス様の約束が伴っていました。聖霊を受けると「力を受ける」との約束です。「力」とはギリシャ語でデュナミスという言葉で、ダイナマイト、ダイナミックなどの語源です。もうひとつは「エルサレムから始まり、地の果てにまで、私の証人となる」という約束でした。その約束を信じて、弟子達は十日間も祈りに専念していました。その祈りに専念していた120名に聖霊のバプテスマが下ったのです。

★聖霊を受けた人々は、イエス様の約束通りに聖霊の力を受ました。使徒4章13節では「ペテロとヨハネが無学な普通の人」なのに、大胆に御言を伝えているのに、人々が驚いた」と記されています。すぐに教会に対しての迫害が起こりました。しかし教会は、「聖霊に満たされ大胆に神のことばを語りだした。」と使徒4章29~31節に記されています。

★今日のメッセージは、教会にとって重要なことです。教会は組織を強くすることも軽んじてはならないことですが、それだけでは教会は強くなって行かないのです。聖霊のバプテスマに満ち溢れることが大切なのです。聖霊に満たされると、ペテロやヨハネのように無学な普通の人であっても、神様にお仕えし大胆に伝道し御言を語る者となるのです。聖霊の力に満たされて、強い教会、強いクリスチャンになりましょう。

5月29日「山に向かうか、宮に向かうか」

詩篇NO11「山に向かうか、宮に向かうか」11篇1~7節

         仁井田義政 牧師

 今日の11篇もダビデの詩です。ここでもダビデは敵に命が狙われています。敵に命を狙われる場面で、ダビデの生涯中に最も当てはまるのは、サウル王に命を狙われた時でしょう。ダビデには友人達もいました。その友人達が、ダビデに山に逃げるようにと助言しました。ダビデは、その助言に従うべきかどうかの選択を迫られました。私達クリスチャンにも、人生は常に選択であることを印象付けられる詩篇です。

★友人達の助言は、「鳥のように山に飛んで行け」というものでした。しかもダビデの「魂」に言うのでした。それは、友人として善意からの助言でした。「お前たちの山」は、まだ敵の手が回っておらず、ダビデが自由に行動出来る所を意味しています。「鳥のように飛んで行け」は、ダビデにすぐにでも出来る行動であり、安全確保の道でした。

★しかし1節にあるように、ダビデの信仰は最初から「主に私は身を避ける」と決まっていました。ダビデは、友人達の魂に語り掛ける善意の言葉にも、動くことはありませんでした。それは、「主に身を避ける」と、はっきりとした信仰の選択を持っていたからです。私達日本人は、そこが弱いと言われています。

★ダビデは、悪しき者が暴虐の限りを尽くしても、必ず正しい者が勝つことが出来ると確信していました。その証拠として、ダビデは、創世記のソドムとゴモラ滅亡の事件を取り上げています。イエス様は、十字架の死が待つエルサレムに向かわれる時、弟子のペテロから「エルサレムに行き、私は死ななければならない等と言ってはいけません」と助言されました。それは、ペテロがイエス様を愛するがゆえの助言でした。しかしそれに対してイエス様は、「サタンよ、引き下がれ」と激しく退けました。(マタイ16:23)

★私達にも「神の御言に従うか、人の助言に従うか」の選択が常に求められています。そのような時に気を付けないと、私達は人の助言を聞いてしまいやすいのです。神様の御言に背を向けて、鳥のようにバタバタと山に逃げてしまうのです。しかしそのような時に、神の宮(4節)教会に向かおうではありませんか。

5月22日礼拝「主は見ておられる」

詩篇NO10「主は見ておられる」10篇1~6節,16~18節

         仁井田義政 牧師

今日の詩篇10篇の中を見ますと、神様を信じていない人が力強く歩み、神様を信じている人達を苦しめています。そのようなことは遠い世界のことではなく、クリスチャンである私達の日常にも起こっています。その中で私達は、どう生きれば良いのでしょうか。

★この詩篇前半の1~11節は、神様を信じない人が成功している様子を記しています。悪者が、神様を信じる人達に悪口雑言を浴びせながら生活しているのです。しかも、その人は何をやっても成功していて「私は・・世々にわたって災いに会わない」と確信しているのです。そしてその人は、堂々と「神はいない」(3節)と公言しているのです。

★その人によって、弱い人が傷つけられ、食い物にされています。その苦しさの中で、神様を信じる人は、神様がその悪行を裁かず沈黙しているように感じてしまいます。さらに神様を信じない人達は「神は忘れている。顔を隠している。彼は決して見はしないのだ」と言って侮蔑します。さらには神様を信じない人達は、どんなに悪いことをしても神は裁くことが出来ない。なぜなら「神はいない」からであると言い放ちます。  

★それに対して詩人は、神様は「貧しい者」「みなしごと、しいたげられている者」を、じっと見ておられると言っています。それは、神様が十字架の上で苦しまれるイエス様をじっと見ておられたようにです。十字架のイエス様を見て沈黙されていた神様には、広大な計画がありました。三日後にイエス様を死から甦らせ、世界の王にする計画です。

★私達は、悪者が栄え「神はいない」と言いながら生きている日本に生活しています。しかし神様は、決して見過ごしておられるのではありません。14節にあるように「じっと見つめておられるのです。」イエス様の十字架をじっと見つめておられたように、注視しておられるのです。それはイエス様の十字架の時と同じように、世界を統べ治められるためです。ですからクリスチャンは、いつもその信仰を失ってはなりません。今日の詩篇10篇の作者のように、しっかりとした信仰に立つのです。世の中にどんな悪事が起こっても、主は王の王、主の主です。確信をもって信仰の告白をしましょう。