3月13日「苦難の中でも平安に生きる」

詩篇講解(NO.3)「苦難の中でも平安に生きる」3篇1~8節

          仁井田義政 牧師

今日の詩篇の表題は、ダビデが我が子アブシャロムに王位を狙われた時のものです。アブシャロムは、「自分が父親の跡を継いで王となるのに最もふさわしい」と思っていました。しかしダビデは、ソロモンを王にしようとしていました。その事に怒ったアブシャロムは、ダビデを殺そうとして仲間を集め、勝手に「私が王である」と宣言し、父ダビデに反逆しました。その事は、第二サムエル記17章~18章に記されています。

★アブシャロムは「私が王になったら、お前達の願いを全部聞き入れてやる」と言って、多くの人々を味方につけました。その事はダビデの耳にも入ってきました。それは「ダビデには神の救いはない」という言葉でした。

★しかしダビデは、人が私を何と言おうと「あなた(神様)は私の回りを囲む楯、そして私のかしらを高くあげて下さる方です」と信仰の告白をしたのです。そのかげには、何度も敵の攻撃や批判に疲れうなだれる夜もあったでしょう。そのような時にも神様に祈ると、遠く離れたエルサレムから神様は応えて下さると言うのです。それが「主に呼ばわると聖なる山から答えて下さる」と言うのです。

★その数を増してきた敵の圧迫を受けながらも、夜眠ることが出来る。そして「また私は目を覚ます」と記しています。その「また」とは、いつもという意味です。一日や二日の苦難ではなかったことを示しています。朝に目を覚ましたタビデは、祈りの中で「私を取り囲んでいる幾万の民をも私は恐れない」と確信します。そして「主よ!立ち上がって下さい」と祈りました。戦いの勝利は、人の多いことによらないからです。激しい戦いに勝利を与え、窮地から救い出して下さるのは主だからです。まさに「救いは主にあり」です。この確信こそ、信仰者に大切なのです。

★ダビデはそのような時でさえも「あなたの祝福が、あなたの民の上にありますように」と、王としてのとりなしの祈りを忘れませんでした。詩篇は、文学ではありません。信仰の戦いの言葉なのです。ですから私達の信仰生活の模範となるのです。私達もダビデのように、いわれのないことで苦しみ悩むこともあるでしょう。しかし私達も、ダビデのように神様を信頼すれば「苦しみの中でさえも平安」に生きることが出来るのです。ダビデに倣って、私達も主に信頼する信仰者になれるよう祈りましょう。

3月6日礼拝「世界の王キリスト」

詩篇講解(NO.2)「世界の王キリスト」2篇1~12節

          仁井田義政牧師

 詩篇二篇の冒頭は「なぜ国々は騒ぎたち、国民は空しくつぶやくのか」という言葉で始まっています。今から三千年も前の国際状況を現わしています。現代も世界の国々は騒ぎ立っています。ロシアによるウクライナへの侵攻。それに対する西側諸国の牽制。第三次世界大戦に突入してしまうかも知れない事態なのです。聖書は、三千年も前からそのような人間の愚かさを解決する道を示しています。それがこの詩篇二篇なのです。

★ 主の教えに逆らう王達の姿が記されています。「かせを打ち砕き、綱を解き捨てよう」は、神の教えに猛烈な反対行動をする王達の姿です。それは、また国の指導者達の自己神格化の姿なのです。

★自己を神格化した王達は、自分の思い通りに何でも出来るし、人々を幸せに出来ると思い込んでいるのです。それを「天の御座に着いている者」、つまり神様がその愚かさを笑っておられるのです。詩篇は、キリストのことが預言的に書かれています。そのことは、ルカ24章44節でイエス様ご自身が言っておられます。今日の詩篇に出てくる「油注がれた者」とは、聖霊が注がれた者の意味であって、その究極が「イエス様」です。

★7節に記されている「あなたは、わたしの子、わたしがあなたを生んだ」の言葉は、新約聖書に幾度かキリストのこととして引用されています。(へブル書5:5参照)この方に国々の支配を委ねられたのです。世界を支配するために諸国を侵略したギリシャ帝国、ローマ帝国、モンゴル帝国、フランス帝国、日本帝国、等々の帝国は、いま何処にありますか。多くの人々を殺し、殺された歴史だけが残っているのです。この詩篇二篇を通して、いま私達は全歴史を見通す神様の目、キリストの目が与えられているのです。

★イエス様だけが、世界中で二千年以上も、偉大な救い主であり続けているのです。イエス様が十字架につけられた時、そのことを誰も信じることが出来なかったのです。しかし聖書の詩篇に、様々な支配者達が我が物顔に闊歩し、神のように振る舞っても程なく倒れ、キリストの支配のみが全歴史の上に続いていくことが記されているのです。しかも今日の詩篇の最後に「幸いなことよ、すべて主に身を避ける人は」と記されています。

イエス様は世界の王です。信じる全ての者に、幸せを与えて下さる王なのです。

2月27日礼拝「正しい者と悪者の道」

詩篇講解(NO.1)「正しい者と悪者の道」1篇1~6節

          仁井田義政牧師

 今日から旧約聖書の詩篇の講解メッセージを開始します。詩篇は150篇ありますから、これから一回の礼拝で一篇のスピードでお話していきたいと思います。詩篇からのメッセージを通して、神様が私達を霊的に成長させて下さることを信じます。

★「詩篇」と言いますと、詩集と思う方がいらっしゃると思いますが、ヘブル語のテヒリムは、「賛美」あるいは「賛美の歌」と言う意味です。その題から見ても、昔の讃美歌集であったことが分かります。しかし今から三千年以上も前の讃美歌なので、楽譜が無かった時代でもありメロディは喪失してしまいました。

★詩篇一篇は、「幸いなことよ」で始まっています。それは感嘆文です。それから見ても、詩篇は感情豊かな文章であることが分かります。何が幸いなのでしょうか。「それは不信仰者の側に立たず、神様や信仰者をあざけるような人と一緒にいない」人だと言っています。さらに「昼も夜も主のおしえを口ずさむ人。その人は水路のそばに植わった木のようだ」と言っています。この所の水路は「複数形」で、そのそばに植わった木は「植えられた木」の意味です。つまり神様が農園主のように、私達を植えてくださったというのです。農園主である神様は、私達に実がなるようにと愛を込めて世話をして下さいます。ですから当然、神様の恵みによって実がなり、また栄えるのです。

★悪者はそれとは違い実がないので、風に吹き飛ばされてしまうと作者は言います。また悪者は、正しい者の集いに立てないとも言います。つまり天国の礼拝には入れないのです。悪者はどんな生き方をしても滅びるのです。

★今日の詩篇の内容は、神様を信じて生きて行く人は、水路のそばに植わった木のように実を結び、不信仰な人は神様が祝福されないので必ず滅びていく。このシンプル極まりない信仰の秘訣を、しっかりと自分の人生に当てはめることが出来る人は幸いです。信仰生活をシンプルにしましょう。神様を信頼する人は何をしても栄え、神様を信じない人は何をしても滅びるのです。ですから私達は「主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさみ、水路のそばに植わった木のよう」に生きて行きますと決心し、心から祈りましょう。

2月20日礼拝「恵みがあるように」

コロサイ書講解(NO.20)「恵みがあるように」4章14~18節

           仁井田義政牧師

コロサイ人への手紙も今日が最終回です。私達はこの手紙を通して、初代教会の様子を垣間見ることが出来ました。それは壮絶な時代でした。

★今日の所にも挨拶を言付ける人々の名が出てきます。当時は、手紙を持って行く人に挨拶を言付けたのです。今日の所には、ルカの名が出てきます。ルカは十二弟子ではありませんでしたが、「ルカによる福音書」と「使徒の働き」を書いた人です。ルカは医者で、パウロといつも一緒に行動していました。次に出てくる人はデマスです。ピレモン24節には「同労者」と記されているのに、ここでは称賛する言葉は何も記されていません。それはパウロが彼の信仰の変化に気付いていたのだと思われます。第二テモテ4章10節でデマスは「世を愛し」と教会を離れたことが記されています。

★次に出てくるのは、ヌンパという名の女性です。初代教会において、女性信徒の働きは大きかったのです。この女性は自分の家を開放して、礼拝の場所つまり教会としたのです。教会と言っても、十字架の付いた会堂ではありません。ギリシャ語で教会は「エクレシア」と言います。それは「集まる」という意味です。当時、迫害下にあったクリスチャン達の集まる場所として家を開放することは危険でした。しかしヌンパはそれをしたのです。

★パウロは、この手紙の最後の行になって、自分でペンを取りました。それは、この手紙がパウロの手紙であることを証明するサインのような働きをしました。パウロは「牢に繋がれていることを覚えていて下さい」と記しました。クリスチャン達を殺していた者が、キリストの為に命をかける者になり、手紙をかいていることを、異端の人達にも示そうとしているのです。そして「恵みがありますように」と、最後に祈りでこの手紙を終わるのです。

★私達はコロサイ人への手紙を通して、初代教会の様子を垣間見ることができました。初代教会にも、デマスのように信仰を捨て世の中に戻って行ってしまった人までいました。しかし教会には、マルコやルカのような忠実な信徒達もいました。ヌンパのように、迫害下において自分の家を教会(集まる所)として開放する女性もいました。パウロは「どうか恵みがあなたがたと共にありますように」と祝福の祈りを捧げています。教会とクリスチャン達には、どのような状況でも神様の「恵み」が注がれているのです。

私達はそのことを信じ、感謝して生きようではありませんか。

2月13日「命がけの宣教」

      コロサイ書講解(NO.19)「命がけの宣教」4章7~13節

                         仁井田義政牧師

今日の部分は、コロサイ書の終わりの挨拶文になっています。既に本論は終わっていますが、今日からの挨拶文を二回に分けて話したいと思います。

★まず挨拶文は、この手紙を持って行く人のことが記されています。その人の名は、テキコです。彼はパウロの書いた「エペソ人への手紙」「コロサイ人への手紙」そして「ピレモンへの手紙」も届けた人と言われています。パウロは、彼を「忠実な奉仕者」「同労者の(しもべ)」と紹介しています。彼は使徒ではありませんでしたが、福音の為に働くパウロの同労者となって、献身的に奉仕していました。

★次にオネシモという人のことが記されています。彼は脱走奴隷で、逃走先でパウロと出会ってクリスチャンになった人でした。今はパウロの主にある兄弟として、主人のピレモンのもとに帰るのです。教会は彼を脱走奴隷としてではなく、「兄弟として迎えて欲しい」と記しました。

★次にアリスタルコの名が出てきます。パウロは彼を「私と同じ囚人となっている」と紹介しています。彼はパウロの第三伝道旅行に同行し、そしてローマにも同行し囚人となったのでしょう。

★次にマルコの名も出てきます。マルコはラテン語です。へブル名はヨハネです。十二弟子ではありませんが、マルコの福音書を書いた人です。ここにはユダヤ人三人のアリスタルコ、マルコ、ユストの名が出てきます。それは、律法主義を押さえる為に書かれたと思われます。

★次にはコロサイ教会の開拓者エパフラスの名も出てきます。彼は、パウロの伝道によってクリスチャンになった人と思われます。しかしコロサイ教会に異端問題が起こると、約1260キロも離れたローマまで、パウロの意見を聞きに旅をしてきたのです。命がけの旅だったでしょう。ローマに着いてパウロを訪ねると、彼も捕えられ、パウロと同じ牢獄に入れられました。そのために帰れないのです。牢獄の中で、コロサイ教会の人々が正しいキリストの救いを守り続けられるように、祈り続けていました。

★このような命がけの人々の宣教によって、福音は正しく現代にまで継承されて来たのです。今日の御言で、神様は「生ぬるい信仰から目を覚まして、命をかけた信仰者になりなさい」と語りかけておられます。その御言に従って霊的な目を覚まそうではありませんか。

2月6日礼拝「目を覚まして祈る」

                         仁井田義政牧師

コロサイ人への手紙は、今日の所で内容としては終わりで、7節からは、最後の挨拶となります。パウロは、コロサイ教会が様々な問題の渦巻く中で、クリスチャンはどのように生きるべきかを記しています。

★それらの問題の解決法が、結論として記されています。それは「目を覚ましてたゆみなく祈る」と言うことです。「目を覚まして」は、信仰の目であり、霊的な目です。聖書の御言を通して見ると言っても良いでしょう。それは、「感謝をもって祈る」祈りなのです。たとえ家族の中に問題があったとしても、感謝をもって祈るべきなのです。それは1章16~17節にあるようにキリストが万物の主であり、全てを支配しておられるからです。

★教会全体が目を覚まして祈る具体的な内容についても記しています。それは、教会が困難な中においても、福音宣教の為に祈ることです。この祈りを忘れると、クリスチャンの霊的目が閉じられるのです。パウロは獄中で、「この奥義の為に祈って下さい」とコロサイ教会の人々に祈りの依頼をしました。「奥義」とは、キリストの救いや恵みのことで、素晴らしい事実でありながら、謙遜でないと見えないのです。ですから「隠されている」という意味の「奥義」という言葉が使われているのです。

★奥義が人々に伝わって行く大切な方法があります。それをパウロは「あなたがたも外部の人に対して、親切で塩味のきいた言葉を使うよういつも心掛けなさい」と教えています。クリスチャンが、伝道と証の立つ生き方を謙遜の限りを尽くして祈り生きる時、人々もその謙遜に触れ、謙遜にさせられるのです。その時、聖霊によって周りの人々も謙遜が与えられるのです。

★パウロの時代は、迫害の連続でした。パウロは、その福音の為に捕らえられ、ローマの牢獄からこの手紙を書いているのです。福音は、普通の人には見えないのです。もし見えたならば、パウロも捕えられることがなかったでしょう。私もクリスチャンになったばかりの時は、キリストが見える姿で現れて下されば、宣教が何と手取り早いことかと思いました。しかしキリストの救いは「奥義」で、謙遜になった人にしか見えないのです。信者でない人ならまだしも、目を覚まして祈っていなければクリスチャンでさえ、見えなくなってしまうのです。私達は霊的に「目を覚まして、感謝をもって、たゆみなく祈り」ましょう。「証の立つ生き方」をしましょう。

1月30日礼拝「家族の中心はキリスト」

コロサイ書講解(NO.17)「家族の中心はキリスト」3章18~4章1節

             仁井田義政牧師

ローマ時代の家族の中心は、男性でした。一家の序列は、まず夫、次に妻、次に子供、そして最下位に奴隷がいたのです。そのような文化の時代に、今日の御言は書かれたのです。

★第一は、夫と妻と子の関係についての教えです。「妻は夫に従いなさい。夫は妻を愛しなさい。」こう記されたのは、出来たばかりのコロサイの教会に、夫婦問題が少なからず起こっていたからだと思われます。妻が夫に従うのも、夫が妻を愛するのも、創世記2章18節の「ふさわしい助け手」という言葉がそのことを教えています。その言葉はヘブル語の「ケネゲドー」で「向かい合って響き合う」という意味なのです。子供との関係においても同じです。キリストが家庭の主人となっていることが、最も大切なのです。

★ 第二は、奴隷についての教えです。奴隷は、家畜と同じように扱われ、どんなに働いても、報酬も感謝されることもありませんでした。その為に、奴隷達には何の希望もありませんでした。職業選択の自由も、その家を辞めることも出来なかったのです。そこで奴隷達は、主人の見ている前では一生懸命に仕事をしますが、見ていない所ではさぼったりしたのです。今日の御言は、奴隷達に「真心から従いなさい」と教えています。しかしこの言葉は、奴隷制度容認の勧めではありません。奴隷と主人の同列化の勧めです。それは23節で「人に対してではなく、主に対するように、心からしなさい」と教えていることから見て明らかです。

★第三は、奴隷達を家畜として扱ってきた主人達に対しての教えです。4章1節で「奴隷に対しても正義と公平を示しなさい」と教えています。それは、奴隷達の人権を認めなさいと言うことです。

★当時の教会は、小さな団体にすぎませんでした。しかしその悪い習慣に戦いを開始したのです。戦いと言っても、武力を伴う「革命」とは違います。今までの歴史で革命という美名のもとに、どれほど多くの人々が犠牲になったか知れません。犠牲を出さない世界最大の変革が、聖書から始まったのです。家族の変革、奴隷の改革が始まりました。「家族の中心はキリスト」という変革です。私達の家庭は、キリストが主人となっていますでしょうか。「イエス様!私の家の主となって下さい。」と祈りましょう。

1月23日礼拝「キリストの言葉を豊かに」

コロサイ書講解(NO.16)「キリストの言葉を豊かに」3章12~17節

            仁井田義政牧師

 今日の御言は、キリストを信じる人達がどのように生きるべきかの秘訣が記されています。不幸の多くは、人間関係において起こります。そのようなことが起こらないように、今日の御言の教えがあります。

★人間関係を幸せにする第一は、あなた自身が神様に選ばれ、愛され続けている(12節)という信仰の自覚を持つことです。神に選ばれているというのは、あなたが優れているからではありません。むしろ無きに等しい者であったのに愛されているという自覚です。また「愛されている」というのは、「愛され続けている」という意味です。その感謝の心が、寛容さを生むのです。ですからその後に、「深い同情心、慈愛、謙遜、柔和、寛容」という人間関係の徳目が続くのです。

★私達を幸せにする第二は、「互いに忍びあい、赦し」(13節)合うことです。私達人間は完全ではありません。人間の集まりですから、時には気分を害することもあるでしょう。そのような時には、主があなたを赦して下さったように、あなたも他の人を赦すことが大切なのです。キリストの平和が、あなたの心を支配するようにするのです。ですから聖書は「これら全ての上に愛(アガペー)を着けなさい」(14節)と教えています。愛は、バラバラなものをひとつにする帯のような働きをすると教えています。

★私達を幸せにする第三は、「キリストのことばを、あなたがたの内に豊かに住まわせなさい」(16節)ということです。人を赦すことは大切だと分かっていても、実際は難しくて出来ませんという人もいるでしょう。今日の御言は、そのような人に解決を与えています。それは「キリストのことばを豊かに住まわせる」ことです。キリストの言葉は、キリストそのものです。言葉は神であったと言われているからです。(ヨハネ1章1節)

★そして、賛美と霊の歌を歌うことです。賛美と霊の歌を感謝に溢れて献げ、キリストに住んでいただくのです。そうすればキリストが素晴らしい日常をあなたに作って下さるのです。私達が自分の主人である限りは、そうはならないのです。なぜなら私達は、不完全な人間だからです。キリストのことばをたくさん暗記しましょう。そして私達の内に、キリストに住んでいただきましょう。

1月16日礼拝「益々新しく」

コロサイ書講解(NO.15)「益々新しく」3章9~11節

            仁井田義政牧師

1月も半ばになりました。気を付けないと、今年も昨年と変わらない一年となってしまいます。しかし今日の御言の3章10節には、「益々新しくされ、真の知識に至るのです」と記されています。キリスト者の正しい信仰生活は、日々古くなっていくのではありません。日々新しくされていくのです。どのように新しくされていくのでしょうか。それはクリスチャン品性においてです。

★クリスチャン品性①新しい人とは、嘘をつかない人です。「嘘をつく」という癖が、人間には浸み込んでいます。自分を守るための口実などです。政治家なども「秘書がやったことで」や「記憶にございません」などと嘘をつきます。そう言われると、法律も心の中までは裁けないので、証拠不十分で「不起訴」になってしまうことが多いのです。私達人間は、そのようなことを知っているので、嘘をつきやすいのです。クリスチャンは、嘘をつかないことに心掛けなければなりません。

★クリスチャン品性②新しい人とは、キリストに似た者となる人です。聖書は、クリスチャンになる以前の人を古い人と言っています。その古い人を完全に脱ぎ捨てる覚悟と決意が必要です。脱ぎ捨てたならば、キリストに似せられた新しい人を着る決意が大切です。それは、キリストの品性です。ヘブル語でキリストは「メシア」で、「油注がれた人」という意味です。聖霊に満たされた人のことなのです。ですからキリストに似た者となるためには、聖霊に満たされることが大切なのです。

★クリスチャン品性③新しい人とは、人を決して差別しない人です。二千年前は、差別社会でした。今日の聖書にも、民族差別(ギリシャ人とユダヤ人)、宗教的差別(割礼の有無)、文化的差別(未開人・スクテヤ人)、社会的階層差別(奴隷と自由人)等が出てきます。奴隷は、人間として数えられない時代でした。キリスト教会において、このような差別が絶対にあってはなりません。今日の御言では、三つのことを話しました。このことをクリスチャンとして決意しましょう。

★キリストが全てなのです。全ての人々の内にキリストがおられるのです。私達は、日毎にキリストに似た品性を身に着け、新しくされ続けなければなりません。古い人に逆戻りしてはなりません。キリストの愛を持つ人になりましょう。「私を日々新しい人にして下さい!」と祈りましょう。

1月9日礼拝メッセージ

コロサイ書講解(NO.14)「上にあるものを求めなさい」3章1~8節

                    仁井田義政牧師

新年も第二週となり、コロサイ書からのメッセージに戻ってきました。今日の御言は、新年の御言にふさわしい「上にあるものを求めなさい」です。それは、「上から与えられるもの」を求めなさいとのクリスチャンにとって大切な教えです。

★「キリストと共によみがえらされた」とは、洗礼のことです。古い自分は死んで、新しい命によみがえったのです。また「上にあるもの」とは、啓示によって与えられた聖い道徳のことです。地上の人間からの道徳ではありません。「上にあるものを求める」ことこそ、人間なのです。ギリシャ語の人間は、アンソロ―ポス「上を見るもの」という意味でもあるのです。

★しかし、私達は地上に生きています。地上に生きているから、地上のものに心が引かれるのです。そしてその地上の力は強いのです。その地上の力とは、「不品行、汚れ、情欲、悪い欲」のむさぼりなのです。むさぼりとは、際限のない欲望に生きることです。それらから信仰心を守るためには、上にあるものを求め、天にあるものを思い続ける必要があるのです。その為に祈りがあり、日曜日ごとの礼拝があり、各集会があります。ですからこれらを大切にしましょう。

★かつての汚れた生活から救いに与かったのに、再度汚れたこの世の生き方に戻れば、神の怒りがくだると記されています。しかし旧約時代のように、即座に裁かれることを現代では見ることが出来ません。それは、キリストによってもたらされた神の忍耐の時代だからです。悔い改めて信仰に戻るように、神は忍耐して待っておられるのです。しかしそれでも、地上の欲に生き続ければ、必ず後に「神の怒り」が裁きとなって臨むのです。

★神の怒りが下るという考えは、一般的に受け入れられないことかも知れません。クリスチャンの中にさえ受け入れていない人がいるのではないでしょうか。罪に対して、不信仰に対して、旧約時代のように即座に裁きが臨まないからです。イエス様が祈られた「彼らは何をしているのか分からないのです」という十字架上の祈りの時代なのです。しかし神の怒りは必ず望むのです。私達は、天にあるものを第一に求め続けるクリスチャンとなりましょう。