12月4日礼拝「主を待ち望め」

                       仁井田義政牧師

 12月に入りました。世の中を見ますと、様々な問題が渦巻き、津波のように襲い掛かっています。国の指導的な立場にあるはずの国会議員たちは、年間六千万円以上ももらっていながら、脱税までしている人がいるのです。ダビデの時代も、37篇1~23節の中に見られるように、悪者が私利私欲のために動き回っていたことが記されています。1節に「腹を立てるな」とありますが、「これに腹を立てずにいられますか」と反論したいくらいです。

★今日の聖書に記されている悪者は、借りたものも返さない人です。それはお金がないからではなく、もっと欲しいからです。むしろ貧しい人は、貧しさを知っているので、貧しい人に対して優しく、施したり貸したりすると記されています。そのような心の優しい人になりなさいというのです。

★34節には「あなたは悪者が断ち切られるのを見よう」と記されています。そうでしょうか。ダビデの時代も今の時代も、悪者が必ず裁かれて滅びるとは限らず、むしろ栄えていることも多いのです。聖書は、そのようなことを言っているのではありません。終末には必ず裁きがあるのです。この世で悪事を尽くして野生の木のように栄えたとしても、わずか数十年のことなのです。死後にはもう何もないのです。

★ですから聖書は「主を待ち望め」と記しています。37節には「全き人に目を留め、直ぐな人を見よ」「正しい者の救いは、主から来る」と記されています。「全き人、直ぐな人」などいるでしょうか。パウロはローマ3章26節で「全ての人は罪を犯した」と記しています。ですから全き人などいないのです。否、たった一人だけおられます。それはイエス様です。イエス様が私達の模範なのです。間違いのある人を模範とするならば、間違った人となってしまいます。統一教会が問題になっています。間違いのある人を模範とすると、その人々も間違った人になってしまうのです。

★「正しい者の救いは、主から来る」(39節)のです。イエス様は、既に来て下さいました。それと同時に、イエス様は再臨の主として来られるのです。 私達は、地上の欲に惑わされ不信仰や悪に染まることなく、イエス様を模範として、正しいクリスチャンとして生きて行きましょう。

11月27日礼拝「注いで下さい!あなたの恵みを」

詩篇NO36「注いで下さい!あなたの恵みを」36篇5~12節

                        仁井田義政牧師

今日の詩篇36篇は、公的な礼拝での合唱団による賛美のために作られたものです。それだけに、大衆に訴えかけるスケールの大きな素晴らしい内容の詩篇です。その内容は、宇宙の果てから深海の深みにまで言及しています。しかもその広大無辺な神様の恵みは、一個人にも注がれていると歌われています。

★ダビデは、1~4節で悪者の罪を記しています。自分にへつらっているので「悪を認めることも憎むこともできない」また悪者は「寝床での不法のはかりごとをする」と言っています。通常は、寝床で反省をして次の日を迎えるものです。しかし悪者は、さらに寝床で悪巧みをするとダビデは言います。そして朝になると、さらに強く悪行を実行するのです。

★神様の恵みの大きさを5~9節で記しています。恵みは、天につまり全宇宙に満ちています。地球で例えるならば、最も高い山や最も深い海のようです。また神様の恵みは、御翼の陰のようだとダビデは言います。それは母鳥が命をかけて雛鳥を守るように、神様は私達を守って下さるのです。続いて「命の泉はあなたにあり」と記されています。イスラエルの高台に立ってみると、茶褐色の荒野ばかりが続いているのが見えてきます。しかしその中に、ヨルダン川の流れが緑の線となって北から続いています。そのように、命の泉はあなたに流れているのです。

★ダビデは、「あなたの恵みを注いでください」(10~12節)と祈っています。ダビデは信仰者です。この歌を神の家で歌う人々も楽団も、神様を信じる人々です。それなのに「注いでください」と祈っています。それは、「高ぶりが追いつかないように」(11節)です。それは、不法を行なう者は必ず倒れるからです。

★今日の詩篇から教えられることは、悪者が一時的には力強く生きているように見えることがあっても、それに騙されてはならないということです。神様に信頼して生きる者には、「命の泉はあなたに」あるのです。ダビデは、「注いでください!あなたの恵みを」と祈ります。

私達もダビデのように「注いで下さい!あなたの恵みを」と祈りましょう。

11月20日礼拝「友に裏切られたダビデの祈り」

詩篇NO35「友に裏切られたダビデの祈り」35篇11~16節

                        仁井田義政牧師

 この詩は、友に裏切られたダビデの祈りです。信頼していた者に突然裏切られるということほど、辛いことはありません。何か裏切る理由があるならばまだしも、7節にあるように「ゆえもなく」裏切って来たのです。それだけにダビデの苦悩は深いのです。ダビデはその苦悩をどのように乗り越えようとしているのでしょうか。それは祈りによってでした。

★ダビデは、「主よ、盾と大楯をとって私を助けに立ち上がってください」と祈りました。私達人間はすぐに怒りに任せ、辛さに耐えきれずに実力行使をしたいのです。しかし、ダビデは神様にその戦いをゆだねました。神様は真実を知っておられ、完璧に罪ある人を裁くことが出来るからです。

★ダビデに敵対した人は、ダビデが信頼していた人でした。その人が病気の時は「荒布」(13節)をまとったのです。それは絶対的な悲しみを表わしました。また「断食して」(13節)祈ったのです。そして「兄弟や母の死に接したように」(14節)、祈り泣き悲しんだのでした。それなのにダビデに敵対した者は、一抹の倫理道徳の責めも感じることなく、命を狙って来たのです。

★神様に一切を委ね、仕返しをしないというダビデの信仰的な姿勢を、裏切り者は「アハハ、アハハ」(21節、25節)とあざ笑って命を狙って来るのでした。ダビデは、その中で「私の義」(27節)「あなたの義」(28節)と言って、神様への強い信頼をもって祈っています。つまり神様の「復讐は、私のすることである」という信仰の祈りをしているのです。

★この詩篇の最後で、ダビデは「私の舌は、あなたの義と、あなたの誉を日夜口ずさむでしょう」(28節)と結論しています。イエス様はヨハネ15章25節で、「これは『彼らは理由なしにわたしを憎んだ』と彼らの律法に書かれていることばが成就するためです。」と引用されています。イエス様はご自分の敵に、ご自分で復讐することなく、十字架の死に至るまで神様に任せられたのです。それは、人々の目には敗北に見えました。しかしその敗北に見える十字架を、現代でわかるように勝利の象徴にしてくださったのです。あなたも自分の敵と思える人に対して自分で復讐するのではなく、神様にお任せしましょう。そうする時、あなたの心は憎しみから守られるのです。

11月13日「主を仰ぎ見ると、彼らは輝いた」

詩篇NO34「主を仰ぎ見ると、彼らは輝いた」34篇1~10節

                        仁井田義政牧師

早いもので、来週はクリスマスの飾り付けです。クリスマスになくてならないのは、暗闇に輝く光ですね。この詩は、ダビデの生涯の中で最も暗闇の中にあった時が背景となっています。どれほど暗かったかと言うと、表題に「アビメレクの前で気が違ったかのようにふるまったとき」と記されています。そのことを記している第一サムエル記21章10節には、アビメレクを「アキシュ」と記していますが同一人物です。アキシュは固有名詞で、アビメレクは称号です。ダビデは、アビメレクの地で絶体絶命の危機に陥りました。ダビデは、そこからどのようにして立ち上がったのでしょうか。

★ダビデはサウル王に命を狙われ、ゴリアテの出身地、ペリシテ軍の地「ガテ」に逃げていきました。しかもゴリアテの剣を布に包んで持っていたのです。その背景は、第一サムエル記21章に記されています。アビメレクの家来がダビデを見て、「彼はダビデだ!」と騒ぎ立てました。ダビデは恐れました。一難去ってまた一難です。彼は気が狂っているように装い、その地を命からがら脱出することが出来たのです。

★ダビデは「私が主を求めると、主は答えてくださった。私をすべての恐怖から救い出してくださった。」と言っています。そして「主を仰ぎ見ると彼らの顔は輝いた」と記されています。人生の暗闇に取り囲まれていても、主を仰ぎ見ると彼らの顔は輝くのです。「主を仰ぎ見る」とは、祈ることです。

★私達が祈る時に、主は必ず私達を窮地から救ってくださいます。ダビデはこの34篇の中で「すべての恐怖から救いだしてくださった」(4節)。「全ての苦しみから彼を救われた」(6節、17節)。「主はそのすべてから救い出される」(19節)と、神様の救いを4回も記しています。イエス様の名は、ヘブル語でヨシュアです。それは「主は救い」という意味です。

★ダビデは心配で心が曇っていたのに、主を仰いで祈った時に顔が輝いたのです。それは、ダビデ一人の体験ではありません。神様は祈る者を必ず助けて下さるのです。

皆さんには、今どのような悩みがありますか。主を仰ぎ祈りましょう。そうするならば、あなたは悩みから解放され輝く者となるのです。

11月13日礼拝「主を仰ぎ見ると、彼らは輝いた」

詩篇NO34「主を仰ぎ見ると、彼らは輝いた」34篇1~10節

                        仁井田義政牧師

早いもので、来週はクリスマスの飾り付けです。クリスマスになくてならないのは、暗闇に輝く光ですね。この詩は、ダビデの生涯の中で最も暗闇の中にあった時が背景となっています。どれほど暗かったかと言うと、表題に「アビメレクの前で気が違ったかのようにふるまったとき」と記されています。そのことを記している第一サムエル記21章10節には、アビメレクを「アキシュ」と記していますが同一人物です。アキシュは固有名詞で、アビメレクは称号です。ダビデは、アビメレクの地で絶体絶命の危機に陥りました。ダビデは、そこからどのようにして立ち上がったのでしょうか。

★ダビデはサウル王に命を狙われ、ゴリアテの出身地、ペリシテ軍の地「ガテ」に逃げていきました。しかもゴリアテの剣を布に包んで持っていたのです。その背景は、第一サムエル記21章に記されています。アビメレクの家来がダビデを見て、「彼はダビデだ!」と騒ぎ立てました。ダビデは恐れました。一難去ってまた一難です。彼は気が狂っているように装い、その地を命からがら脱出することが出来たのです。

★ダビデは「私が主を求めると、主は答えてくださった。私をすべての恐怖から救い出してくださった。」と言っています。そして「主を仰ぎ見ると彼らの顔は輝いた」と記されています。人生の暗闇に取り囲まれていても、主を仰ぎ見ると彼らの顔は輝くのです。「主を仰ぎ見る」とは、祈ることです。

★私達が祈る時に、主は必ず私達を窮地から救ってくださいます。ダビデはこの34篇の中で「すべての恐怖から救いだしてくださった」(4節)。「全ての苦しみから彼を救われた」(6節、17節)。「主はそのすべてから救い出される」(19節)と、神様の救いを4回も記しています。イエス様の名は、ヘブル語でヨシュアです。それは「主は救い」という意味です。

★ダビデは心配で心が曇っていたのに、主を仰いで祈った時に顔が輝いたのです。それは、ダビデ一人の体験ではありません。神様は祈る者を必ず助けて下さるのです。

皆さんには、今どのような悩みがありますか。主を仰ぎ祈りましょう。そうするならば、あなたは悩みから解放され輝く者となるのです。

11月6日礼拝「新しい歌をうたえ」

詩篇NO33「新しい歌をうたえ」33篇1~8節

                        仁井田義政牧師

 この詩は「主に向かって新しい歌を歌え」と勧めている詩です。その賛美は「正しい者、心の直ぐな者が歌うにふさわしい」と言っています。そこで今日は「主に向かって歌う新しい歌」と、それを歌う者達の「正しい者、心の真っすぐな者」とは、どのような人のことなのかをお話し致します。

★ 1節を見ますと「正しい者たち。主にあって、喜び歌え。」と記されています。文字面だけですと、倫理道徳に全く問題がないことだけが賛美する人としてふさわしいのだと思ってしまい、私などは資格がないのだ思ってしまいやすいのですが、そうではなく、むしろその逆です。それ「主にあって」と記されていることから見て明らかです。「主にあって」とは、主の御心によってという意味で、旧新約聖書に貫かれている神様の御心に立脚しています。その貫かれている御心とは、罪人や不完全な人を愛する神の愛です。その神の愛はイエス様の十字架によって爆発的に現わされました。そのイエス様を通しての神の愛を信じて感動している人の事なのです。ですから「喜び歌え」は、ヘブル語では「ラネヌー」という語が使われています。その原語の意味は「叫べ」であって大声をあげることなのです。つまり不完全な者こそ、神様の愛と恵に感動して大声で歌えと勧められているのです。

★4~5節には、賛美する理由が記されています。「主のことば正しく、主のわざはことごとく真実である。また主は正義と公正を愛され、地は主の恵みに満ちているからだ」と言っています。しかし、現実の世の中はそうでしょうか。不正が満ち溢れ、悪が支配しているように見えるのです。

★全ての世界の始まりは、神様の言葉によっています。主は「ことばによって」全宇宙を創られたのです。自然発生的に出来たのではありません。聖書は、神が「光よ、あれ!」と言われたので、光があったと記しています。そのことばは「キリストであった」(ヨハネ1:1)と記しています。おおよそ137億年前の宇宙の誕生以前から、キリストは存在していたのです。それは「御口の息吹によって創られた」宇宙万物が、今も神の聖霊によって保たれているのです。

★しかし天地創造の初めから、神様が支配し守って下さっていることを、多くの人は知らないのです。そのために、王は軍隊が少ないことを恐れて、平安を得るために軍隊を大きくし、軍馬を多くすると今日の詩篇は言っています。人生が上手くいっていると自分の力を誇り、自分の思い通りにならないと、不安になってしまうのです。

★新しい歌を歌う人とは、人生が上手くいっている時にも、上手くいっていない時にも、神様が全てを支配してくださっていることを信じて、感謝して神様を賛美する人のことです。それが「正しい者たち、主にあって、喜び歌え。賛美は心の直ぐな人達にふさわしい」という意味なのです。良い時にも悪い時にも、神様の揺るぐことのない守りを信じて感謝する歌、それこそが「新しい歌」なのです。

私達は、生活が順風満帆である時にも、あるいは嵐のように感じる時にも、主の守りを信じて感謝する生き方をしましょう

10月30日礼拝「本当に幸せなこと」

詩篇NO32「本当に幸せなこと」32篇1~11節

                        仁井田義政牧師

 この詩篇は「幸いなことよ」から始まっています。ヘブル語の「アッシュレー」という言葉です。それは直訳すれば「なんと幸せなことだろうか」と言う感嘆文なのです。パウロはこの1~2節の言葉を、ローマ4章7~8節の中で引用しています。それでは、私達人間にとって「本当に幸せなこと」とは、どんなことなのでしょうか。

★ダビデは「幸いなことよ。そのそむきを赦され、罪をおおわれた人は。幸いなことよ。主が、咎をお認めにならない人、心に欺きのないその人は。」と言っています。背くとは、神様に対して背を向けることです。先週も話しましたが、イエス様は「放蕩息子の譬え」でそのことを話されています。父親を捨てた息子が帰って来ると、父は許し喜んで家族に迎え入れました。

★ダビデは罪を隠していた時には「骨髄まで・・乾ききった」(4節)と言っています。これほど罪を苦しむ人は、日本人の中では稀でしょう。しかし、罪を認めないから罪を持っていないことにはならないのです。病気の人が、自分は病気であると認めなくでも病気があることと同じです。ダビデは隠していた罪の為に、「私は骨髄まで・・乾ききった」と言っています。

★ダビデは、隠していた罪を神様に告白し悔い改めました。それが、ダビデの人生の大転機となりました。5節を見ると、神様は、罪を告白したダビデの全ての罪を赦し、幸せを与えられました。そのことによって、ダビデは「主に信頼する者には、恵みがその人を取り囲む。」という幸せ体験をするのです。

★この詩篇32篇は、私達にとって「本当の幸せ」につながることは何かを教えています。新約聖書は、さらにそのことを明確に教えています。イエス様もバプテスマのヨハネも、宣教開始の第一声は「悔い改めなさい」でした。(マタイ3:2、4:17参照)そしてイエス様は、私達の罪の為に十字架に付いて下さったのです。そのことを新約聖書において知らされている私達は、何と幸いなことでしょう。そういう意味で、十字架の意味を知らされている私達の感動は、ダビデよりも何十倍も大きいのです。今日の詩篇の最後に「正しい者たち。主にあって、喜び、楽しめ。すべて心の直ぐな人たちよ。喜びの声をあげよ。」とありますように、心から主を賛美しましょう。

10月23日礼拝「八方ふさがりの時」

詩篇NO31「八方ふさがりの時」31篇9~14節

                        仁井田義政牧師

この詩人は、四方八方のふさがりを体験した人です。周り中が敵だらけで、11節を見ると親友にさえも裏切られ詩人の敵となってしまいました。まさに「四方八方」ふさがりの絶望的人生となってしまったのです。その中から、この詩人はいかにして立ち上がったのでしょうか。この詩篇はその大切なことを教え示しています。

★詩人は、多くの人に命を狙われていました。全ての人間的な道は閉ざされて、もう神に祈る以外に助かる道がないのです。しかも、命の危険が迫っていて、「早く、私を救い出してください」と祈っています。

★9~10節では、苦しみで全身全霊が弱り果ててしまっていることが記されています。その原因は、「私の咎によって」と告白しています。その結果、命を狙われる「八方ふさがり」の状態になってしまったと告白しています。

★その中で「しかし、主よ。」(14節)と祈りました。この詩篇の中で最も重要箇所です。たとえ、四方八方ふさがりの状態であっても、その原因が自分の「咎=罪」にあっても、「しかし、主よ。」と、神様に祈っているのです。まさに家族や親友が命を狙っていて、その原因が自分の「咎」にあろうとも「しかし、主よ」と、神様の赦しと愛に食いついて祈る祈りこそ、起死回生の一事なのです。

★それは19節に「あなたのいつくしみは、なんと大きいことでしょう」との洞察にあるのです。四方八方ふさがりの状況よりも、主のいつくしみ、つまり「私に対する神様の愛のほうが大きく、何倍も深いのだ」という、信仰の告白なのです。まさに私の罪の破壊力よりも、悔い改めて祈る者に対する神様の愛の方が強いのだと、信じて祈ることが大切なのです。

★イエス様は、ヨハネ16章33節で「この世では悩みがある、しかし勇気を出しなさい。私はすでに世に勝っている」と言われました。たとえ現状が八方ふさがりに見えても、14節にあるように「しかし私は主に信頼します。私は告白します。あなたこそ私の神です」と、信仰の告白をしましょう。

問題を見て圧倒されてしまうのではなく、天の神様の愛と力を信じましょう。

10月16日礼拝「病気と主の癒し」

詩篇NO30「病気と主の癒し」30篇1~6節

                        仁井田義政牧師

 この詩篇は、作者が重い病気からどのようにして神様に癒して頂いたかが背景となっています。表題には「ダビデの賛歌。家をささげる歌」となっていますから、ダビデが病気から癒され健康になり、家を建てることができたことから「主への感謝の歌」と理解することができる詩篇かもしれません。そこには、病気から癒されるために大切なことが教えられています。

★ダビデは、病気の心当たりを「私が栄えた時に、私は決して揺るがされない」(6節)と、反省的に言っています。健康は普通のことではありません。病原菌が世界的規模で行き交う現代においては、なおさらのことです。健康は奇跡的なことなのです。神様の守りがあればこそです。

★ダビデは「栄えた時」の傲慢を、病気によって主に示され、即座にその罪を悔い改めました。すると「神様はその罪を赦し、死の病からすぐに私を癒してくださった」と言っています。神様は、私達が不信仰を悔い改めて祈ることを待っておられるのです。

★神様は、心と魂、体の癒し主です。その癒しの力を止めているのは「祈らない」傲慢の罪です。ダビデは、その傲慢が神様の癒しの力を堰き止めていたと言っています。ダビデはその罪に気が付いて、神様に悔い改めを祈ると、神様の癒しの力が堰を切って流れてきたのです。

★私は、福島県の田の多いいなか育ちです。田には水が必要です。しかし夏は、川の水が不足することがあります。そうしますと、水を田に入れる日を村の農家で決めるのです。田は干上がり、土はひび割れ、稲はみるみる健康を失っていきます。やがて水を入れる日がきます。その日の朝、その時間を農家の人は取水口で待っています。時間が来ると水を入れます。すぐにひび割れた田んぼに水が広がって行き、水を吸って稲も健康を取り戻します。

★神様の癒しの川は豊かです。取水口のゴミを取り除けば、神様の癒しはすぐにあなたの隅々にまで流れて行き、癒すのです。私達に癒しが必要なのは、病気だけではありません。家庭の経済も人間関係も、神様は癒してくださいます。癒しの御業は、主から流れて来るのです。ですからどんな時にも、主に癒しを求めて祈りましょう。

10月9日礼拝「栄光を主に帰せよ」

詩篇NO29「栄光を主に帰せよ」29篇1~11節

                        仁井田義政牧師

 今日の詩篇の主題は「栄光を主に帰せよ」です。栄光を主に帰するとは、わかりやすく言えば、「素晴らしいことは、全て神様のものです」と認めることです。私達は、ともすれば良いことはみんな自分の能力や力の結果として、人からもそれを認めて欲しいのです。それは、今日の詩篇と正反対の「自分に栄光を帰する」人の生き方です。真の神様を信じているクリスチャンの私達までもが、陥りやすい落とし穴なのです。

★この詩の1節に「力ある者の子らよ」とあります。新改訳聖書では神様を知らない権力者と取れますが、口語訳と新共同訳は「神の子ら」と訳して、信仰者への忠告となっています。しかしこの語は、両方にとれる言葉なのです。2節には「聖なる飾り物をつけて、主にひれ伏せ」とあります。礼拝への奨めであることがわかります。

★3節~9節の中で、ダビデは、自然現象の中に表わされる神の力を記しています。3節の「主は大水の上にいます」は、地球が最初は水に覆われていた(創世記1:1~2)ことを示しています。それを、南極と北極に氷として蓄え陸地が出来ました。しかし今は温暖化で溶け出し、海面上昇が始まりました。また「子牛のように跳ねさせる」や「大森林を裸にする」等の言葉は、地震や災害が起こることを記しています。

★主は全歴史を通して、永遠の王であられます。10節の「大洪水の時」は、創世記の水が覆っていた時か、ノアの洪水の時か、あるいは現代の世界の洪水かもしれません。神様は、全歴史のいかなる変動の時にも、その変動を超えて神であられるのです。そして「主はご自分の民に力を与え、平安と祝福」を与えて下さるのです。

★今日の詩篇のように、ダビデの時代は、雷鳴の中に神の偉大さを感じました。しかし、現代の私達には自然をはるかに超えた神の言葉が与えられたのです。それはイエス様 (ヨハネ1:1~5参照) です。イエス様は歴史の上におられる神の言葉なのです。

その御方から私達に祝福と恵みが注がれています。私達は、その御方に栄光をお返しする人となりましょう。