(11月18日礼拝メッセージ)「恵みが取り囲む」

(メッセージ)「恵みが取り囲む」詩篇32篇10節,ローマ3章24節

                           仁井田幸子師

今日の御言を自分のものに出来れば、必ず幸せになれます。これから3つのポイントでお話しします。①聖書の言う「恵み」とは。②私達は本当に恵みを受け取っているか。③どうしたら恵みを受け取り幸せに満たされるか。

★聖書の言う「恵み」とは、全く価値のない者に神様から与えられるものです。私達は、能力のある者、価値のある者に与えられるものだと考えがちですが、それは違います。善い行ないをする者に与えられるのでもありません。イエス様を救い主として信じる者に、何の生産性もない無きに等しい者に、神様はあふれるばかりに恵みを注がれるのです。その恵みの究極は、罪の赦し(救い)と永遠の生命です。イエス・キリストのゆえに私達の罪を赦し、義と認めて下さるのです。(ローマ3:24)パウロは特にローマ人への手紙の中で、この恵み(ギリシャ語で「カリス」)は神様から罪深い人間に与えられるものであると徹底的に伝えています。

★それでは、私達はそのような神様からの恵みを受け取っているでしょうか。イエス様の十字架の赦しを知ってクリスチャンになった私達は、毎日どれだけ感謝し喜んでいるでしょうか。環境に押しつぶされて意気消沈していませんか。今日の御言を告白したダビデは、完璧な人ではありませんでした。大きな罪を犯し、激しい悔い改めの後、自らの小ささを知り、神様の恵みの大きさに驚き、こんな小さな者を神様の「恵みが取り囲んでいる」と告白できたのです。私達は、自信の無さからか自分は神様から恵みが与えられる筈がないと思い込んでいたり、神様と一対一の関係が希薄なためか神様に対する期待・求めが少なかったりしないでしょうか。もう一度、自分を見つめ直し、神様からの恵みを受け取っているか省みましょう。

★恵みを頂く方法はただ一つ、信仰によってです。「あなたがたは、恵みのゆえに信仰によって救われたのです。それは自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行いによるのではありません。」(エペソ2:8-9)

神様が御手を差し伸べて恵みを与えて下さっているので、私達もその差し伸べられた御手を握りしめる必要があります。御言を信じ、期待し求めることです。そしてどんな時も、ダビデが告白したように恵みが自分を取り囲んでいると受け止めることです。そうするならば、必ず幸せになれます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree