10月21日礼拝メッセージ「あなたはキリストです」

(マルコNO42) 「あなたはキリストです」8章27~30節

                          仁井田義政牧師

 イエス様と弟子達は、ガリラヤ湖周辺から徒歩で二日近くかかると思われるピリポ・カイザリヤという村に向かわれました。その地はイスラエルの国では最北に位置し、有名なヘルモン山のふもとにあります。湧き水と緑の豊かな地で、ヨルダン川の源流です。イエス様が弟子達とその地に行って「あなたがたは私を誰だと言いますか」と質問しました。あなたはこのイエス様の質問に何と答えますか。

★ピリポ・カイザリヤとは、皇帝の名前がついた皇帝の別荘地です。この地をヘロデ・ピリポが領主となって支配していました。皇帝にゴマをすって、皇帝を神とする神殿を建てたのです。もう一つ大きな神殿がありました。牧畜の神パンが祀られた神殿です。ヘロデは、政権維持の為に妥協し、そうしたのです。イエス様が弟子達をその地に連れて行って、「あなたがたは私を誰だと言いますか」と質問された意義は大きいと思います。

★まずイエス様は、「人々は私を誰と言っているか」と弟子たちに質問されました。すると「バプテスマのヨハネだと言っています。エリヤだと言う人も、また預言者のひとりだと言う人もいます」と答えました。みな人間としては偉大な人物でした。しかし皆、人間だったのです。イエス様はさらに「では、あなたがたは、わたしを誰だと言いますか」と質問されました。

★ペテロは「あなたはキリストです」と答えました。それは「あなたは救い主です」と告白したことです。この告白は、マルコの福音書全体にとって頂点であると見ることが出来ます。イエス様はその言葉を聞かれ、その後ご自分の「受難と復活」のことを話され、十字架の待つエルサレムへと一気に南下して行かれたのです。

★今日、イエス様は私達にも「あなたがたは私を誰と言いますか」と聞かれています。私達の周りにも、当時のピリポ・カイザリヤの村のように多くの偶像の社寺があります。イエス様は、日本にいる私達にも「人々は私を誰と言っていますか。そしてあなたがたは私を誰と言いますか」と質問しておられます。私たちはその質問に答えなければなりません。私達は一同声をそろえて「あなたはキリストです」と告白しましょう。それが教会です。それが礼拝なのです。イエス様はその告白を喜んで下さいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree