9月23日礼拝メッセージ「この人のなさったことはみな素晴らしい」

(マルコNO38)「この人のなさったことはみな素晴らしい」7:31-37

                                                        仁井田義政牧師

 二週留守にしましたが、祝福された礼拝とコンサートであったと聞いています。良い礼拝になるかどうかは、聞く耳を持った会衆であるかどうかが大切です。今日の聖書の箇所ではそのことが伝わってきます。

★イエス様はガリラヤ湖の近くに戻って来られました。しかし地図で見ますと、なぜこんな遠回りをしてデカポリスに行かれたのかという疑問が残ります。デカポリスは「十の町」の意味であり、ここも外国です。ガリラヤ湖の近くですが、異邦人の入植地なのです。ユダヤ人から見たら汚れた豚を飼う町であり、5章に出て来るゲラサ人の地なのです。

★その地で、人々が耳と言葉の不自由な人をイエス様の所に連れてきて、この人に「手を置いて祈ってくださるように」お願いしました。するとイエス様は「耳に手を差し入れ、自分のつばを手にしてその人の舌につけて」祈られました。人々が「手を置いて」と願ったことを超えて、その人の閉塞に触れて下さったのです。

★私達人間にとって、コミュニケーションが取れないことは大きな苦しみです。罪の為との迷信が信じられている社会ではなおさらのことです。その祈りの時に、イエス様が「深いため息」をつかれた(34節)ことが記されています。それは、その人の苦悩の人生への同情を示しています。そしてアラム語で「エパタ=開け」と言われたのです。するとすぐに、その人はコミュニケーションが取れるようになりました。

★聖書は、デカポリスの人々が「この人のなさったことはみな素晴らしい」と言ったと記しています。イエス様は、この最も美しい信仰の言葉を異邦人から引き出しているのです。

★あなたも、自分自身の中にあるいは家族の中に、何らかの閉されたものがあり不自由があるのではないでしょうか。イエス様はあなたの苦しみに同情し、深く嘆息し「開け!エパタ」と言って、閉塞を開いてくださいます。そして「この人のなさったことはみな素晴らしい」との驚きと感動が、あなたの体験となるのです。そのことを信じて、イエス様のなさる「素晴らしい」御業を心から期待しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree