8月19日礼拝メッセージ「神のことばを無視している」

(マルコNO35)「神のことばを無視している」7章1節~13節

                        仁井田義政 牧師

  イエス様の所に遠いエルサレムから、「律法学者が来た」ことが記されています。この律法学者達は聖書の研究者としての第一人者であり、パリサイ人達は聖書の実践者としての第一人者です。その人達がエルサレムから来て、イエス様に「どうして、昔の人達の言い伝えに従って歩まないのか」と質問したのです。イエス様はその質問者の偽善を見抜かれました。

★律法学者は、自他共に認める御言を専門に学んだ人達でした。それに対してイエス様は学問もなく、また学問のない弟子達と一緒に、ガリラヤ地方で一万人以上の人々を集めて「神の言葉だ」と話しておられたのです。それをエルサレムで知った学者達は、大変な異端が起ったかも知れないと心配し、エルサレムから調査に来たのです。直ぐにイエス様の弟子達の中に、規律違反を見つけました。弟子の一人が手を洗わないで食事をしたのです。すると学者達は「なぜあなたの弟子達は汚れた手でパンを食べるのか」と質問しました。

★するとイエス様は、750年前の預言者イザヤの言葉を引用して「この民は口先だけ。心は遠く離れている。」(イザヤ29:13)と学者達の偽善的信仰を責められたのです。イエス様は1200年前の「父と母を敬え」(出20:12)の御言を引用し、これを破る者は死罪にされると記されているが守っているのか、と学者達に迫りました。それは「神様に献金したからもう養育費はありません」と両親に言って、年老いた両親の養育を放棄している、それが偽善だと言われたのです。

★うわべでは学者達は「神様の言葉に忠実であるかのように見せているけれども、実は神様の言葉を無視している」と言われたのです。一事が万事で「これと同じことを沢山している」とイエス様は言われました。イエス様は神の言葉を形ではなく実践するように教えられたのです。 

★私達はこの言葉を平気で聞いていてはいけません。自分はどうだろうかと問わなければならないのです。本当に神様の為に奉仕しているのだろうか、自分の名誉や称賛の為に行なっているのではないだろうか。もしそうであるなら、たとえ忙しく奉仕していたとしても神様からは遠く離れてしまっていることになります。自らを省み悔い改めて、信仰の軌道修正をしましょう。御言に自分を従わせましょう。御言に忠実に生きるクリスチャンになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree