4月24日礼拝メッセージ「光を高くかかげよ」

(礼拝メッセージ)マルコNO23「光を高くかかげよ」4章21~25節

                      仁井田義政 牧師

 この話を聞いているのは、一般大衆ではなく、イエス様の弟子達です。イエス様の過激な言動によって、自分にも危険が及ぶのではないかと感じ始めた弟子がいても不思議ではありません。そのような背景で今日の御言を聞くと、私達にも御言が迫ってきます。

★この時代の夜の部屋は、明かりがなければ真っ暗闇で、どこに何があるか全く見えない状態でした。唯一、その闇を照らす方法は、灯皿の火をともすことでした。その灯皿を枡や寝台の下に置いては、部屋が真っ暗になってしまいます。

★イエス様は、世の闇を照らす光です。しかし真理はある者達には「隠れて」います。(4:11)大衆もイエス様の母マリヤもイエス様の兄弟も、そしてこともあろうにイエス様の弟子達も、わからないのです。(4:10)ついには、イエス様の真理が十字架で葬り去られてしまうように見えました。しかし真理は覆い隠しても必ずあらわになり、覆い隠しているものを跳ねのけて明らかにされるのです。それはイエス様の復活でした。

★イエス様は「聞いていることによく注意しなさい」「聞く耳のある者は聞きなさい」と言われました。自分の考えの量りでイエス様の言葉を聴くのか、他の人の考えの量りでイエス様の言葉を聴くのか。それでは誰の言葉を聴くのでしょうか。それは十字架で殺されても、墓に葬られても、数トンの石で塞がれても、復活された命と力に溢れた主の言葉を聞くのです。イエス様の言葉に対する理解力が、あなたを豊かにします。

★イエス様の言葉は真理です。しかし型破りのイエス様の真理を聞き、弟子達のある者は自分の身にも迫りつつある危険を感じて、気弱になっていたのでしょう。ですから「ともし火を高く掲げよ」との御言が語られたのです。イエス様の御言は、人間の暗闇を照らす真理の光です。その真理は、クリスチャンの私達の手にゆだねられました。誇りを持って、明かりを高い所に掲げなければなりません。クリスチャンの皆さん、イエス様の真理の光をもっと高くかかげようではありませんか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree