3月11日礼拝 マルコNO20「百倍の祝福」

(礼拝メッセージ)マルコNO20「百倍の祝福」4章1~9節 

                         仁井田義政 牧師

 マルコの福音書の4章に入りましした。3章の終わりの所で、イエス様は「神の御心を行う人は誰でも、私の兄弟姉妹、また母なのです」と言われました。そして4章でイエス様は、その「神の御心に従う人」とはどのような人かを話されました。

★イエス様の何者をも恐れぬ物言いと、病気の癒しの奇跡の連続に狂喜して、多くの人々がイエス様のおられたガリラヤ湖岸辺に集まってきました。その人々の多さの為に、イエス様が浜辺にいるスペースさえなかったのです。人々は、この魅力的なイエス様について行こうとして集まって来たのです。しかしこの狂喜してイエス様に従おうとしている者達の多くが、ご自分を裏切る者になることを、イエス様は知っておられたのです。

★そして熱狂的にイエス様を求めてきた者達全てが、御心を行なう人となるのではないこともイエス様は知っておられました。イエス様は種まきの譬えを話されました。種をまく人はイエス様です。種はイエス様の真理の言葉です。土地は聞く人たちの心のことです。踏み固められた道に落ちた種は、エルサレムから来た律法学者達のようにイエス様に敵対する心で聞く人のことです。土の薄い岩地に落ちた種は、多くの頑張りのきかない心の人です。棘の根のある土地に落ちた種は、欲望の心を持ったまま従おうとした人のことです。

★イエス様は「 聞く耳のある者は聞きなさい」と譬えの最後で言われました。聞く耳のある心で聞くということが「良い地に落ちた種」で「百倍の実を結ぶ」と言われた人の心なのです。この譬えは神の国の例えです。来週お話しします4章11節を見て下さい。そこには「神の国の奥義が知らされているが」と、この譬えの後に弟子達にイエス様は話されています。神の国とは神の支配のことです。イエス様の支配を、現実の社会と生活において聞く耳を持って聞き実践する者は「三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ」と言われたのです。 

★イエス様の御言には、百倍の実を結ばせる力があります。聞く耳を持って聞き実践さえすれば、絶対に多くの実を結ぶのです。少なくとも三十倍、普通でも六十倍、多ければ百倍、それ以上の実を結ぶのです。イエス様の真理は、私達を豊かにします。イエス様は真剣に私達の心に種をまかれます。私達も、喜んでその種を良い心で受け止めようではありませんか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree