12月17日アドベント礼拝3「マリヤの勇気とアドベント」ルカ1章27節~38節 

(アドベント礼拝3)「マリヤの勇気とアドベント」ルカ1章27節~38節                                        

                         仁井田義政 牧師

 今日は、アドベント第三週を迎えています。来週はいよいよクリスマス礼拝です。アドベントメッセージの中で、受胎告知は素晴らしく示唆に富んだところです。

★今日の聖書箇所には、天使の「おめでとう。恵まれた方。主が共におられます」と言う言葉に、マリヤが「ひどく、戸惑った」(29節)と記されています。この戸惑いがあればこそ、マリヤは私達からも遠くない存在です。マリヤはヨセフと婚約中で、マリヤは幸せでした。それなのに天使まで現れて「おめでとう」と言われたのです。ナザレの村の田舎娘に、神様がこれほどの扱いをするとは思いもよらないことでした。マリヤの「戸惑い」はそこに起こったのです。マリヤも私達と同じです。

★マリヤはこの時15歳か16歳の時であったと言われています。いいなずけのヨセフと将来の幸せが待っていたのです。婚約者ヨセフとの間でさえ結婚前に子供が出来たとなれば、両家にとって不名誉という時代なのです。ところがヨセフの知らない懐妊となれば、婚約の解消どころか、マリヤを拷問し相手を探し出し、両者を会衆の面前に引き出し、みんなで石を投げつけて処刑されてしまう時代なのです。幸せだったマリヤの身に不幸なことが起こったのです。

★マリヤは「どうしてそのようなことがあるでしょう」と言いました。自分の身に覚えがないのに、身ごもって殺される、こんな馬鹿げた恵みはないと思ったことでしょう。しかし、人間の常識的世界から見れば「どうしてそのようなことがありえましょう」という事態なのに、御使いは「聖霊が」つまり全能の神がそうして下さるのですと言ったのです。

★「聖霊がそうして下さる」と聞いても、それで全てが解決したわけではありません。身に迫る処刑が心配ですし、夫婦になる約束を交わした夫となるヨセフの怒りはどうなるのでしょう。しかしマリヤは「私は主のはしためです。あなたのお言葉通りにこの身になりますように」と受け止めるのです。信仰を持つ時に必要な勇気です。今なおマリヤの状況に心配事は残っています。勇気を奮い立たせて「私は主のはしためです」と言いました。つまり「主は私の主です」と言っているのです。そこから主の素晴らしい恵みと力が溢れ出すのです。マリヤのように、このアドベントの日にはっきりと主のしもべになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree