11月26日礼拝メッセージ「主との驚きの食卓」

(礼拝メッセージ)マルコNO12「主との驚きの食卓」2章13~17節

                       仁井田義政 牧師

 今日の聖書箇所は、イエス様と十二弟子の一人となったマタイとの出会いのところです。イエス様との出会いで、マタイの人生は全く変わりました。

★この時期のイエス様は人々に大人気で、どこに行っても群衆に取り囲まれてしまいました。他の所に移動しようとしても、群衆がイエス様について来てしまうのでした。街道の収税所には、人々が「ローマの手先」と言って嫌う取税人が座っていました。通行税と荷物に関税をかけるためでした。人々は収税人を無視したいのです。しかしイエス様は収税人を「ご覧になって」自分の方から声をかけられたのです。そのことは収税人マタイにとって、衝撃でした。「罪人」と言われていた自分に対しての声かけだったからです。

★その声かけは、「わたしについて来なさい」という招きの声でした。マタイは収税所を後にして、自分の家にイエス様を招待しました。その家は税益で建てた大きな家であったろうと思われます。「収税人や罪人と言われていた人達も大勢いた」と記されているからです。罪人とは、刑法上の犯罪者とは違います。律法を守れなかった人達のことです。この時代の人は、二種類に分類されていました。律法を守れる人と守れない人です。ユダヤ人でも律法を守れない人は、罪人であると考えられていました。特にパリサイ派の人々はそう考えていたのです。ですからこの時も、「なぜあの人は罪人たちと一緒に食事をするのですか」と非難したのです。

★その非難に対し、イエス様は「健康な人に医者はいらない。いるのは病人です。私が来たのも正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです」と言われました。これはパリサイ派の人々に対する皮肉です。彼らは、イエスがメシヤであるなら、律法を守る私達が招かれるのが当然と思っていたのです。しかしイエス様は、私は「自分は罪人だからイエス様をお招きし、信じるのにふさわしくない」と思っている人の為に来たのだと言われたのです。

★マタイの家の食卓で、主による素晴らしい人生の逆転が起こりました。あなたはどうされますか。パリサイ派の人々のように、イエス様の愛を知らずにそのまま人生を送りますか。それとも罪人や収税人のように、主と共に一緒の食卓に着き、最も親しい交わりに加えられて喜びの人生を始めますか。

イエス様を信じて、喜びの人生を生きる者になりましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree