3月19日礼拝メッセージ「豊かに蒔けば、豊かに刈り取る」

第二コリントNO20「豊かに蒔けば、豊かに刈り取る」9章1~7節

                         仁井田義政 牧師

fa927cb0-s 今日の御言の最初に「この奉仕については」と記されています。この奉仕とは、エルサレム教会への献金のことです。そして「今更、あなたがたに書き送る必要がない」と記しています。本当に書き送る必要がないのかというと、そうではありません。それは「あなたがたが当然知っていることではあるが」という意味です。当然知っていながら、その知っていることが出来ないでいることが私達にはよくあります。それを打ち破るには、信仰と勇気が必要なのです。今日の御言からその信仰と勇気を学びましょう。

★この献金のアイディアは、最初コリント教会から出されたものでした。パウロ達もコリント教会のアイディアに感動し、マケドニヤやアカヤの諸教会でコリント教会を誇ったのです。しかし何としたことか、コリント教会がこの奉仕に対して熱意を失ってしまったのです。パウロは「あなたがたを誇ったことが無駄にならず、あなたがたも恥をかくことがないように」と記しました。

★パウロは「献金は惜しみながら、渋りながらではなく」と献金の仕方について教えました。神様への献金は、捧げる者の心と信仰が大切であることを教えたのです。旧約聖書で、カインとアベルの捧げ物が有名です。兄のカインは農拓者となり畑でとれた物を、アベルは牧畜者となり羊の最高のものを捧げたのでした。神様はアベルの捧げ物を受け入れ、カインの捧げ物は受け入れませんでした。アベルは最高の捧げ物を持ってきたからです。(創世記4:1~7)

★パウロは「少しだけ蒔くものは、少しだけ刈り取り、多く蒔くものは多く刈り取る」と教えました。「少しだけ蒔く者」の「少し」は、原語では「けちけち」という意味です。その結果は「けちけちした収穫」しか得ることが出来ないのです。「豊かに蒔く者」の「豊か」の原語の意味は「たっぷりと」です。そうすると「たっぷりと」還って来るというのです。神様は、そのような人を全ての面で豊かに祝福してくださるのです。

★パウロはさらに続けて「いやいやながらではなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにすべきである」と教えました。私達も気前の良いクリスチャンとなって、喜んで主のお働きの為に献金する人となりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree