(2018年最後の礼拝メッセージ)「主の恵みを何一つ忘れるな」

(今年最後の礼拝メッセージ)「主の恵みを何一つ忘れるな」詩篇103篇1~5節

                         仁井田義政牧師

 2018年の最後の礼拝を迎えました。今日の御言である詩篇103篇によって、悪いものは全て捨て去り、良いものだけを持って2019年を迎えたいと思います。 

★ダビデは「我が魂よ、主をほめたたえよ」と言っています。人間は良いことは自分の力、悪いことは神が行なったと思いがちです。しかし、そのような自己中心の人間性に勝つためには「我が魂よ、主をほめたたえよ」と自分で自分の心を矯正しなければなりません。「聖なる御名を」とは、私は汚れている者で、本来ならば神様をほめたたえる資格も権利もない者ですが、神様の恵みによってほめたたえますという意味です。

★そして「主の良くして下さったことを何一つ忘れるな」と続きます。神様がして下さった良いことは全部忘れて、自分の失敗での辛いことはみんな神様のせいにしてしまいやすい私達人間。だから「神様のしてくださった良いことは何一つ忘れ」ないように思い出し、数え上げる必要があるのです。神様は、あなたに今年どんな良いことをしてくださいましたか。書き出して数えてみましょう。大きなことも、そしてどんな小さなことも書き出してみましょう。

★ダビデは、主がしてくださったことのリストを三つあげています。まず3節の前半に「主はあなたの全ての咎をゆるして下さった。」と、3節後半には「あなたの全ての病をいやして下さった。」と、そうして4節の「命を穴から贖って下さった」と記しています。穴とは墓穴、あるいは地獄のことで、「永遠の命を与えて下さった」という意味なのです。

★また4節の後半には「恵みとあわれみとの冠をかぶらせ」とあります。冠は王としての姿のことです。私たちは悩みを支配する王権をも与えられているのです。しかしそれは恵みによるのです。そのような能力が私たちに有るからではなく、信仰の恵みによるのです。この恵みは今年一年で終わるのではありません。「あなたの一生を良いもので満たされる。」と記されているように、一生続くのです。ですから当然迎えようとしている新しい年にも及ぶのです。信仰に満ち希望に満ちて、新年に向かって行きましょう。今日の御言に従って、神様の良くして下さったことを何一つ忘れることなく、感謝しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree