5月13日 母の日「マリヤと理想的なお母さん」

母の日「マリヤと理想的なお母さん」エペソ6章1~3節 ルカ1章35節

                         仁井田義政 牧師

 いつも母の日には「お母さんに感謝しましょう」と、子供たちへメッセージが伝えられます。しかし今日は「子供たちに尊敬されるお母さんとは、どういうお母さんなのかを聖書から学びましょう。

★ マリヤはイエス様を身ごもった時、神様から「おめでとう」と言われました。子供に尊敬される母親は、神様から「おめでとう」と言われる母親でなければなりません。自分で産んだ子供でも神様からの預かりものなのです。ですから子供達から「お母さんありがとう」と言われる以前に、神様から「おめでとう」と言われる母親でなければなりません。

★子供たちからも尊敬される母親は、聖霊に満たされた母親です。マリヤには、財産も地位も学歴もありませんでした。しかし尊敬される母親になる為に聖霊に満たされていました。また聖霊の影響を自分だけでなく、人にも与える人でした。聖霊に満ちたマリヤを迎えたエリサベツも、聖霊に満たされたのです。あなたは何に満ちていますか。ご主人への不平・不満・小言・家計が苦しい・子供たちが言うことを聞かないと言ってイライラの毎日。それでは尊敬されません。聖霊に満たされましょう。

★子供たちに尊敬される母親は、御言を信じて感謝の祈りをする人です。マリヤは、聖書の御言を信じ切った人でした。マリヤの讃歌と言われる言葉は、旧約聖書の詩篇からのものなのです。マリヤは聖書を愛する人でした。そしてマリヤは「自分がどんなに幸せ者か」を神様に感謝する人でした (48~49節)。マリヤは「自分に与えられた幸せは、代々にわたって人々にも与えられる」と信じる人でもありました。

★「私はマリヤのようなお母さんになるのは無理です」という人がいるかもしれません。実はマリヤもそのひとりだったのです。「どうしてそのような事になりえましょう」(34節)と言っています。どのようにして可能なのでしょう。それは、今日の御言です。第一に聖霊に満たされることです。第二は聖書の御言を信じ切ることです。第三は神様に感謝することです。第四は人々の幸せの為に祈ることです。これはお母さんたちだけに限るのではありません。お父さんたちにも同じく適用されます。そのように生き始める時、私達は子供たちから「ありがとう」と尊敬される人となるのです。子供たちから「お母さんありがとう」と言われるお母さんになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree