10月15日礼拝メッセージ「圧倒的な勝利者」

(礼拝メッセージ)「圧倒的な勝利者」ローマ8章35~39節

                          仁井田幸子師

  今日の御言は、私達がイエス様によって力強く生きることが出来ると約束しています。今日、この御言をもう一度しっかり受けとめましょう。

★聖書は、私達がクリスチャンになっても苦しみが無くなるとは言っていません。かえって様々な苦しみを「喜びなさい」(マタイ5:10~12)とさえ言っています。なぜでしょうか。それは、私達が苦しむことによってさらに神様の大きな愛と慰めを体験するようになるからです。(第二コリント1:4~5)   35節に「私達をキリストの愛から離すのはだれですか。艱難ですか。苦しみですか。迫害ですか。飢えですか。裸ですか。危険ですか。剣ですか」と七つ記されていますが、それは完全数で、あらゆること全てに於いて「圧倒的な勝利者」となると言うことです。

★この「勝利」という言葉は、最上級のギリシャ語で、日本語には訳しきれない強い意味のものです。「圧倒的な勝利」「輝かしい勝利」「完璧な勝利」「勝って余りある」等。このことから私達は、やっとの思いで勝利するのではなく、絶対的な勝利者となれることが分かります。そして揺るがない平安へと導かれるのです。ドイツの音楽家ベートーヴェンも苦しみの中から立ち上がり、素晴らしい数々の曲を作りました。小さい時から天才ピアニストとして育ち、成人する頃には有名なピアニストになっていました。ところが27才の頃、耳が聞こえなくなり、絶望して死も考えたと言います。しかしその苦しみの中から、たとえ耳が聞こえなくても作曲は出来るとの希望が与えられ、あの有名な交響曲第九番「喜びの歌」を作曲しました。絶望からの勝利です。

★では私達は、どのようにすれば、圧倒的な勝利者となれるのでしょうか。ひとつは、常に神様との個人的な交わりをもつことです。交わりがないと信頼が揺らぎます。順境の時も逆境の時もどんな時も、神様に語りかけそして御声を聞くことです。次に私達が御言に従い、忠実であることです。不誠実・不真実・不忠実であるならば、神様に対する心の責めが生じ、力強く生きることが出来ません。

★私達は、常に神様と交わりをもち、御言を信じ忠実な者になりましょう。そして圧倒的な勝利者となりましょう。「世に勝つ者とは誰でしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。」(第一ヨハネ5:5)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree