9月17日礼拝メッセージ「神の国が近づいた」

(礼拝メッセージ)マルコNO4「神の国が近づいた」1章14~15節

                       仁井田義政牧師

  イエス様はバプテスマのヨハネの殉教死を知ると、エルサレムからは遠いガリラヤ地方に帰られ「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」(1章15節)と宣教を開始されました。その宣教の内容が、この御言の中に完璧な形で記されています。

★洗礼者ヨハネがヘロデ・アンテパス王に殺されることになったのは、実の兄弟のフィリポの妻を奪って結婚していたからです。ヨハネはその罪を悔い改めるように王に迫って殺されたのです。ヨハネの死を知って、イエス様は宣教を開始されました。それも首都エルサレムではなく、北の外れ、ガリラヤ地方で開始されたのです。

★聖書を注意して読みますと、イエス様は「神の福音を宣べ」と記されています。福音とは喜ばしい知らせのことです。「王様に子が生まれた」とか、「王子様が結婚」したとか、それを民に知らせるのが福音と言われたのです。現代においても良い知らせはあります。希望の学校に合格、入社決定、結婚、病気の快気など。しかしイエス様が伝え始められたのは「神の福音」です。人間からのものではなく、神からの福音です。

★その福音の内容については、まず「時が満ちた」と言われました。ついにその時が来たのです。長い間待ち望んでいた人類の救い主が、時満ちて活動を開始されたのです。キリストの時代が始まったのです。次に「神の国は近くなった」と言われました。「神の国」とは、福音を信じる者が入れて頂ける神様の守りのことです。そこに入れるという知らせが来たけれども、そこに入るには私達人間のすべきことがあるのです。それは次に「悔い改めて福音を信じなさい」とイエス様が言われたことです。悔い改めるとは、今まで神様を無視していた生活を悔い改めて、神様を礼拝する者となることです。 

★イエス様が、遠く離れた「異邦人のガリラヤ」と言われていた所から福音宣教を開始されたと言うことは、最も神様から遠い生き方をしていたあなたのそばにも神の国が近づいたと言う喜ばしい訪れ、福音なのです。あなたも、イエス様によってごくそばに神の国が近づいたことを知って、今までの神様を無視した生き方を悔い改めて、神の福音を信じましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree