7月30日礼拝メッセージ「愛すれば愛するほど」

第二コリントNO32「愛すれば愛するほど」12章14~18節 

                        仁井田義政 牧師 

 パウロは、反対者のいるコリント教会に三度目の訪問をしようとしています。その教会には、パウロに反対する偽教師に騙された人々がいたのです。衝突は予想されることでした。それでも行くことを決意しました。

★パウロがコリント教会から給料をもらわなかったことは、先週話した通りです。パウロは、他の教会から援助を受けてコリント教会を創立したのです。その教会に、パウロから遣わされたテトスと同行者が、エルサレム教会の為に募金に来ていました。偽教師達は「今までパウロは無欲に振舞ったが、エルサレ教会の献金から騙し取った」と人々に言いふらしたようです。

★パウロは、コリント教会へ訪問するに当たって、経済的な負担をコリント教会にはかけまいと、「私が欲しいのはお金ではなく、あなたがた自身である」「あなたがたのたましいの為には財も、自分自身さえ使い尽くす」と言いました。それは無限の愛でした。しかし「私が愛すれば愛するほど、私はいよいよ愛されなくなるのでしょうか」と、愛すればこその心の痛みを記しました。イエス様も正にそうでした。愛すれば愛するほど、人々からは愛されない人生を歩むことになってしまったのです。そして十字架につけられました。

★偽教師は、パウロがコリント教会から金銭を受け取らなかったことを逆手にとって、パウロはコリント教会の人々を安心させ、実は金銭を奪おうとしているのだと人々に教えました。パウロはそれに対して「自分もテトスもその他の同労者も、悪賢く何かを奪い取ったことがあるか」と潔白を主張しました。「私達は同じ心で」つまり、あなたがたの魂の為に、つまりクリスチャンとして救われて欲しいと純粋な心によって「大いに喜んで財を費やし、私自身をさえ使い尽くして来た」と言いました。

★パウロはキリストに出会わなかったなら、イスラエル社会で有能な教師となる道が敷かれていたのです。その教師としての仕事は、ビジネスとしても人が熱望する程の立場だったのです。しかしイエス様によって救われた後は、死をも覚悟して旅をしなければならなくなったのです。なぜそんな危険を冒してまで旅をしたのでしょうか。人々の救いの為です。しかし「愛すれば愛するほど、その人から憎まれる」ことになりました。悲しいことです。私達は自分の魂を愛する人の愛を、しっかりと受け止めることの出来る人になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree