4月23日礼拝メッセージ「偉大な弁護者」

(主日礼拝)「偉大な弁護者」ヨハネ14章15~17節

                       仁井田義政 牧師

 396669eb91f72655a53754e8ed1d74f6イエス様は復活されてから40日間、弟子達と多くの人達に現れました。その後、父なる神のもとへと帰って行かれました。弟子達はどんなに寂しい思いになったことでしょう。最後の晩餐の席で、イエス様は「偉大な弁護者」について話しておられます。しかし弟子達はその意味が分かりませんでした。私達も「偉大な弁護者」について無知であってはなりません。強く生きる為に、偉大な弁護者についてしっかりと知りましょう。

★イエス様は最後の晩餐の時、弟子達に「心を騒がせてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい」(14:1)と言われました。御自分の昇天後、弟子達が不安になることを知っておられたのです。「心を騒がせる」とは、心細くて心配で心がまとまらない。つまり心が分裂してしまうことです。イエス様を信じ抜くことよって、まとまりを失った心がひとつになるのです。また「イエスを信じる」とは、ギリシャ語の意味ではイエス様に自分を委ねることと、イエス様を選び取っていく決意のことなのです。

★イエス様は、ご自分の昇天された後の信仰世界は、全く別の世界になると言われました。「イエス様を信じる者は、イエス様のわざを行い。それよりも大きなわざを行う」。また「祈りは何でも聞かれる」(12~14)と言われました。イエス様昇天後の時代は、神様の御心に合った祈りであれば、どんな祈りでも聞かれる時代なのです。

★また、イエス様の昇天後には「もう一人の助け主が」与えられると言われました。「助け主」はギリシャ語の「パラクレイトス」で「弁護者」とも訳せる言葉です。「パラクレイトス」は、「パラ」(「傍らに」の意味)と、「クレイトス」(「呼ばれた」の意味)の合成語です。私達の傍らにいつもいて助けて下さる方として遣わされるのです。

★その時代が現代なのです。助け主、偉大な弁護者、聖霊なる神があなたの傍らにいつもいて、あなたを守って下さっています。あなたの傍らにおられる偉大なる弁護者、聖霊の力を信じて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree