2月12日礼拝メッセージ「心を開いて下さい」

第二コリントNO15「心を開いて下さい」7章2~4節   仁井田義政 牧師

s-004 パウロは、誠心誠意をもってコリント教会を開拓したのです。開拓初期に、主が幻の中で「恐れないで、語り続けよ。この町には私の民がたくさんいるから」と語り掛けました。その結果、当時世界の中で最も堕落した町と言われたコリントに教会が出来たのです。しかし今やコリント教会のある者達は、パウロに心を閉ざしてしまったのです。

★パウロがコリント教会での働きを終え、他の地方に伝道に出て行きました。その後にコリント教会に入って来た反パウロ主義の指導者の教えによって、人々はパウロに心を閉ざしてしまったのです。そのような中で、パウロが「愛すれば愛するほど、私はいよいよ愛されなくなる」(第二コリ12:15)という状態になってしまうのでした。

★パウロに対する悪口のひとつは、金銭問題でした。勿論パウロは、この教会から金銭をだまし取ったことなどありませんでした。むしろ金銭には細心の注意を払っていたのです。神様に仕える者にとって、金銭問題の疑いが最もつらいことです。私達の教会はそういうことがないように毎月、会計報告を出しています。コリントに来た異端的な偽牧師は、信徒達からパウロへの信頼を落とすために、偽りの情報を流したと思われます。

★パウロは、そのようなコリント教会の信徒達に言葉を選びながら「あなたがたを責める為にこう言うのではありません。それはあなたがたを命がけで愛しているからそう言うのです。」と語り掛けました。さらには「私とあなたがたは一心同体なのです。私のあなたがたに対する信頼は今も大きく、大いなる誇りです。」また「どんな苦しみの中にあっても、あなたがたを思うと喜びに満ち溢れてくるのです」ともパウロは記しました。

★そして「あなたがたも心を開いてほしい」と語り掛けました。このような状態こそ牧師の苦しみです。牧師はその人を愛して忠告します。しかし、その忠告を受けた側に忠告を受け入れる心がないと、その忠告は地に落ちてしまいます。私も牧師になって何度そのようなことを体験したことでしょうか。パウロは何度も「心を開いて下さい」と願っています。イエス様も同じです。私達は神様の御言を「心を開いて」受け入れ、そして従いましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree