7月9日礼拝メッセージ「人生をいつまでも楽しむ秘訣」

2017特別礼拝「人生をいつまでも楽しむ秘訣」ピリピ3章5~9節   13~14節

杉田キリスト教会牧師 久保田顕先生

 私達は、どんな仕事やどんな肩書をもった人になれれば幸せになれるのでしょうか。すべてを手に入れた「福山雅治さんのようになりたい・・・」でしょうか。聖書にはそのような条件が満たされなくても、人生の喜びが約束されています。

★使徒パウロは、現代の福山さん以上の肩書と地位を手に入れていました。(4~6節)イエス様を知った時、パウロは「人生をいつまでも楽しむ秘訣」を手に入れたのです。むしろそれまで人生を楽しむ秘訣と思っていた「すべての肩書・地位がゴミとなった」(7~8節)と言っています。その理由は、パウロがキリストを知ったから(8節)です。キリストを信じる価値は、何にも変えられません。キリストを信じ従う人生には、他では埋められない喜びと楽しみが与えられるのです。

それではパウロは一体どこが変わったのでしょう。それは「キリストの家族となった。」(9節)というところにあります。罪人だったパウロは、イエス様の救いに与かり「神の家族」となり、希望と喜びを得たのです。ある一人のクリスチャンが「神様の救いがあれば頑張れる。私には神様という希望がある。」と、喜びに満ちて話された体験談を聞いたことがあります。聖書も「神を信じる者は失望で終わらない」(ローマ10:11)と言っています。私達も、神様と深い関係(神の家族)を築いて喜びをいただきましょう。

★パウロはイエス様を信じてから、その生活はどのように変わったのでしょうか。パウロは過去(罪)の生き方を振りかえらず、前(神・信仰)に向かって進んだのです。そして、人生の最後を迎えるまで、キリストと共に歩み続けたのです。あなたも「人生をいつまでも楽しむ秘訣」をしっかり学んで、信仰の長距離ランナーとなりましょう。

そして神様と一緒にある喜びの人生を走り続けましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree