5月22日礼拝「主は見ておられる」

詩篇NO10「主は見ておられる」10篇1~6節,16~18節

         仁井田義政 牧師

今日の詩篇10篇の中を見ますと、神様を信じていない人が力強く歩み、神様を信じている人達を苦しめています。そのようなことは遠い世界のことではなく、クリスチャンである私達の日常にも起こっています。その中で私達は、どう生きれば良いのでしょうか。

★この詩篇前半の1~11節は、神様を信じない人が成功している様子を記しています。悪者が、神様を信じる人達に悪口雑言を浴びせながら生活しているのです。しかも、その人は何をやっても成功していて「私は・・世々にわたって災いに会わない」と確信しているのです。そしてその人は、堂々と「神はいない」(3節)と公言しているのです。

★その人によって、弱い人が傷つけられ、食い物にされています。その苦しさの中で、神様を信じる人は、神様がその悪行を裁かず沈黙しているように感じてしまいます。さらに神様を信じない人達は「神は忘れている。顔を隠している。彼は決して見はしないのだ」と言って侮蔑します。さらには神様を信じない人達は、どんなに悪いことをしても神は裁くことが出来ない。なぜなら「神はいない」からであると言い放ちます。  

★それに対して詩人は、神様は「貧しい者」「みなしごと、しいたげられている者」を、じっと見ておられると言っています。それは、神様が十字架の上で苦しまれるイエス様をじっと見ておられたようにです。十字架のイエス様を見て沈黙されていた神様には、広大な計画がありました。三日後にイエス様を死から甦らせ、世界の王にする計画です。

★私達は、悪者が栄え「神はいない」と言いながら生きている日本に生活しています。しかし神様は、決して見過ごしておられるのではありません。14節にあるように「じっと見つめておられるのです。」イエス様の十字架をじっと見つめておられたように、注視しておられるのです。それはイエス様の十字架の時と同じように、世界を統べ治められるためです。ですからクリスチャンは、いつもその信仰を失ってはなりません。今日の詩篇10篇の作者のように、しっかりとした信仰に立つのです。世の中にどんな悪事が起こっても、主は王の王、主の主です。確信をもって信仰の告白をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。