Daily Archives: 2018年6月17日

6月17日礼拝メッセージ「小さなことにも忠実に」

(礼拝メッセージ)「小さなことにも忠実に」マタイ25章14~30節

                         楠 亜紀子師    

 今日は「小さなことにも忠実」というタイトルで御言をお分かちしたいと思います。

★今日の御言は、私たち信仰者がこの終末の世にあって、どのように備えなければいけないかということが書かれています。25章14節からは「忠実」であることの大切さが書かれています。ある主人が三人の僕それぞれにタラントを預けて旅に出かけました。タラントとは「才能」と言う意味ですが、五タラントを預かった僕は、すぐに行って商売をしてさらに五タラントをもうけました。この僕は、主人から何も指示されていないのにすぐに行って商売をしたのです。それではなぜ「すぐに行った」のでしょうか。それは、主人を喜ばせたいという思いからではないでしょうか。どうしたらご主人に喜んでもらえるだろうと考えて、預かったタラントを活用したのではないでしょうか。二タラントを預かった僕も、同じようにしました。それでは一タラント預かった僕は、どのようにしたでしょうか。この僕は主人を怖い人だと思い、預かったタラントを減らしては怒られるのではないかとの臆病な心から地中に隠しておきました。

★よほどたってから主人が旅から帰って来て、彼らと清算をしました。五タラントを預かった僕は、さらに五タラントもうけたことを報告すると、主人は良い忠実な僕だと喜んでくれました。二タラントを預かった僕も、同じようにほめられました。しかし、一タラント預かった僕は悪い怠け者の僕だと怒られ、持っていたタラントを取り上げられてしまいました。

★ここに出てくる主人とは神様のこと、僕とは私たちのことです。神様は私たち一人ひとりにタラントを預けて下さっています。そして私たちがそのタラントを活かすことを喜ばれます。私たちは神様から預かっているタラントを忠実に管理し、喜んで用いているでしょうか。また、神様に喜んでいただきたいと願っているでしょうか。私たちにもいつの日か神様に報告をする日が来ます。その時には、「よくやった、忠実な僕だ」と神様から喜んでいただけるように、小さなことにも忠実に歩みましょう。