聖書に触れた人々NO27「細川ガラシャ夫人の一途な信仰」 

聖書に触れた人々NO27「細川ガラシャ夫人の一途な信仰」2013年3月19日

                                                                        仁井田義政 牧師   

  細川ガラシャは、1563(永禄6年)明智光秀の三女として生まれました。名は玉といいました。ガラシャの父は織田信長に仕えていましたが、1582年突然、信長に反旗を翻し、信長が宿泊していた本能寺を襲撃しました。その結果、信長はそこで自殺に追い込まれました。それが「本能寺の変」と言われる事件です。その後、明智光秀は羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)との山崎の合戦で敗れ戦死すると、その一族も衰退していきました。一方ガラシャは、父の光秀が織田信長に謀反を起こす前、つまり信長に仕えていた時、信長の勧めによって戦国武将の勝龍寺城主細川(ほそかわ)藤(ふじ)孝(たか)の長男、細川(ほそかわ)忠(ただ)興(おき)と結婚しました。ガラシャが16歳の時でした。

    ★主君を本能寺で自殺に追い込んだ明智光秀の娘ガラシャは、丹後(兵庫県北東部)の山奥に幽閉されてしまいました。2年後に豊臣秀吉に赦され、細川忠興家に帰ったのですが、忠興に監禁同然の生活を強いられ、外部との接触を禁止されてしまいました。そのような中で、どのようにしてガラシャはクリスチャンになることが出来たのでしょうか。ガラシャがクリスチャンになるきっかけになったのは、千利休の茶室が一役買っているのではないかと言われています。それは、千利休に選ばれた7哲と言われた7人の弟子の中に、熱心なクリスチャンがいたのです。それは切支丹大名で有名な高山右近でした。また細川忠興もその7人の中の一人だったのです。おそらく高山右近の何らかの影響があったのではないかと言われています。またガラシャにはマリヤという侍女頭がいました。マリヤはクリスチャンで、そのマリヤという名は洗礼名でした。その影響が強くあったと思われます。

   ★ガラシャは監禁同然の生活が続く中、意を決して教会に行ったことがあります。それは1587年のことでした。それは、夫の忠興が秀吉の九州征伐に伴って出陣していた時で夫が留守だったのです。彼女は密かに裏門から出て教会に行きました。初めて教会に行ったその日、教会ではちょうど復活祭の礼拝が行なわれていました。ガラシャは「自分は二度と教会に来られないから、今日洗礼を授けてほしい」と願いました。しかし洗礼は認められませんでした。素性を明かさず洗礼を願い出たガラシャに、教会は洗礼を授けるのをためらったようです。ガラシャが教会に行けたのは、その時一回限りでした。しかし侍女達には、理由を作っては外出させ、教会に行かせました。帰って来た侍女達に教会で聞いた話を、今度はガラシャが聞くという方法で、信仰を培って行ったようです。ガラシャが侍女達を教会に行かせた結果、侍女達16名が洗礼を受けてクリスチャンになりました。ガラシャは、その侍女達と屋敷で神に祈りを捧げていたといいます。

   ★ガラシャが教会に初めて行ったその1587年、豊臣秀吉によるバテレン追放令が出されました。 ガラシャは、宣教師が帰国する前に洗礼を授けてほしいと侍女を通じて願い続けました。しかし、もはや宣教師がガラシャに洗礼を授ける状況ではなくなっていました。宣教師は一案を講じました。それは、ガラシャの侍女の一人に洗礼の仕方を教えたのです。ガラシャはその侍女から洗礼を受けたのです。その時の洗礼名が「ガラシャ」でした。その意味はスペイン語の”gracia”あるいはラテン語の”gratia”であり「恵み」という言葉でした。この頃、先週話した26聖人が長崎で殉教しているのです。

   ★そのようなガラシャにも、この世での最期を迎える時が迫っていました。夫が東軍の徳川方につき、上杉討伐のため戦いに出ている時でした。その隙に敵である西軍の石田三成が細川屋敷を取り囲み、そこにいたガラシャを人質に取ろうとしました。ガラシャは自害しようと決意しますが、自害は神の御心に反するという宣教師の教えに従い、家老の小笠原秀清(少斎)に槍で部屋の外から胸を貫かせて果てたのです。その時、辞世の句としてガラシャが詠んだ「散りぬべき 時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ」という歌があります。何と覚悟に満ちた美しい言葉でしょう。その後、家老の小笠原秀清はガラシャの体が残らないように、屋敷に爆薬を使って火を放ちました。 聖書には女性の名で呼ばれている書が二冊あります。ルツ記とエステル記です。ガラシャの生涯を見て旧約聖書のエステルを思い起こしました。エステルはユダヤ人を虐殺から救うために立ち上がります。その時のエステルの決意が、エステル記4章16節に「私は死ななければならないのでしたら死にます」と記されています。ユダヤ人を虐殺から救うために、信仰によって命をかけた女性なのです。ガラシャも、エステルのように信仰を一途に求め生きたクリスチャンでした。私達も細川ガラシャにならって、信仰に一途さを持ちましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク